起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『カニバル』を観てきました。

<<   作成日時 : 2014/06/24 08:51   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

意外と品の良い映画




画像

<2014.5.29 ヒューマントラストシネマ有楽町 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:スペインの映画賞の最高峰であるゴヤ賞で、作品賞や監督賞など8部門にノミネートされた衝撃のロマンス。美しい女性たちを殺しては、その肉を食してきた殺人鬼の男が、ある女性に心を奪われたのを機に、その運命が大きく変わりだす。メガホンを取るのは、短編やドキュメンタリーでも活躍してきたマヌエル・マルティン・クエンカ。『アイム・ソー・エキサイテッド!』などのアントニオ・デ・ラ・トレが、仕立て屋と殺人鬼という二つの顔を持つ主人公を熱演。純愛と背徳が拮抗(きっこう)する物語に加え、美しい映像も見どころ。

ストーリー:スペイン、グラナダのアパートで一人で生活している仕立て屋のカルロス(アントニオ・デ・ラ・トレ)。紳士然とした彼だったが、その正体は美女を拉致しては人里離れた山荘でバラバラにし、その肉を食すという連続殺人鬼だった。そんなある日、彼は行方不明となった双子の妹を捜し出すために東欧からスペインに来たというニーナ(オリンピア・メリンテ)と知り合う。彼女の美しさに殺人と食人の衝動に突き動かされる一方で、カルロスは愛というこれまでに知らなかった感情にも支配されてしまう。


「カニバル」というタイトルからいうともうあれしか想像できないというより、ズバリあれですよね。
浅草サンバカーニバル!・・・それはカーニバルです。という寒い一人ボケツッコミをしておきました。

カニバルと言えばそうです。そのまんまですが、cannibal:「人食い」「共食い」などを表す言葉です。最近、ネタ探し・更新をさぼり気味のカルト映画コーナーででも紹介されそうな内容かと思って観に行きました。

最近よく通うヒューマントラストシネマでの鑑賞でしたが、私が期待したようなエロ・グロは渋谷担当で、芸術作品などは有楽町の担当みたいなもんなんですね。
で、有楽町の方での鑑賞なのでその振り分けを考えてみれば気が付くところではあったのかもしれませんけどね(笑)

ということで、映画の内容は本当にミニシアターでの上映が相応しいような芸術作品っぽい作品でした。
話は簡単。上品な仕立て屋のおっさんが美女を拉致して山奥の別荘でバラバラにして、それをお上品に料理して静かに食すという生活をしていた。

そのうちおっさんに親しげに接してくる同じアパート住みの女の子もそのうち手にかける。
そして、その後その子の消息不明になったことで姉が妹の部屋に住み込みながら行方を探し、その姉とも親しくなって・・・という流れになっております。


R18指定ですし、これは『人肉ラーメン』以来の衝撃くるか?!と思いましたが、R18の割にはエロもグロもかなり抑えめでした。食べるためには裸にして切り刻むのですが、その直接的な描写はなし。
そのために眠らされた綺麗なお姉さんが全裸で横たわる姿には芸術的な雰囲気さえ感じました。
映画全編音楽は殆ど無く、それがかえってお上品な雰囲気を盛り上げてるような気がします。

そして、ビッチ臭のある妹と違いどこか清楚な姉には惹かれるところがあるのか中々手にかけないおっさん。
直接愛・恋を口にするわけではないですが、紳士的な彼女との接し方にはそれが表れててどことなく、こんな殺人鬼で静かに人肉を食す変態おっさんではあるもののいいラストを迎えてほしいなと思えてくるから不思議。


この奇妙な恋愛模様はどんな結末を迎えるのか?
それは見てからのお楽しみってことで・・・。

とにかく静かでスペイン(だよね?)の街並みや山奥の自然風景なども相成り芸術性さえ感じられるという映画でありましたし、それを見ていて気持ちが穏やかになるところもあるので、でもこんな酷い人肉喰らいのおっさんという内容でなんとも不思議な感覚が味わえる映画でした。


内容で過度な期待をし、その画だけ期待しているとハズレだとは思います。
でも、エロとグロだけに執着しなければ大袈裟すぎない演出に心理描写を表現することがメインになっており、そういう意味ではかなり良い作品だろうと思います。

この感想文を参考にもしよろしければ是非!




・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★★★☆☆☆ (17)
・公式サイト

【関連作品】









まんがサガワさんまんがサガワさん
佐川 一政

オークラ出版 2000-12-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
5月に『肉』って映画もありましたね。
上記『カニバル』含め山形県庄内地方での
上映は難しいのでレンタル待ちになりそう…。
『人肉ラーメン』の予告観ました!ひゃー凄い。。
ぱたた
2014/06/24 09:36
そうそう「肉」!!見たかったんですよねー!見逃したのでレンタル待ちです!
人肉関係の映画ってのはその不快感がなんか良いんですよね。
かつを
2014/06/24 16:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
『カニバル』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる