起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『女子ーズ』を観てきました。

<<   作成日時 : 2014/06/28 17:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

立て続けに簡単に。




画像

<2014.6.7 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『俺はまだ本気出してないだけ』『コドモ警察』などの異才・福田雄一が、戦隊ヒーローの世界を題材に放つコメディー。突如として女性ばかりのヒロイン戦隊のリーダーにされてしまったOLが、恋や美容や仕事に忙しいメンバーをまとめながら地球の平和を守ろうと奮闘する。『スノーフレーク』などの桐谷美玲が主演を努め、戦隊コスチューム姿と共に体を張ったアクションも披露。ヒーロー戦隊ものをシニカルに見つめつつ、男性には不条理で不可解な女子の生態にも深く迫ったストーリーに引き込まれる。

ストーリー:名字に色が入っているだけで、チャールズ司令官が指揮するヒロイン戦隊・女子ーズのメンバーにされてしまった女性たち。そのうちの一人である赤木直子(桐谷美玲)は、レッドと名付けられてリーダーを務めることに。ギャル風のブルー、お嬢様のネイビー、貧乏なイエロー、夢見がちな劇団員のグリーンを束ねて地球を襲撃する怪人たちに立ち向かうレッドこと直子。しかし、恋、仕事、美容などで忙しいことから、戦いの場にメンバーが集合しないという、とんでもない状態に陥ってしまう。



薔薇色のブー子』が公開されたばかりで、1週間後にはこの『女子ーズ』が公開という福田監督。


相変わらずの緩さ・・・まあ、抜きっぷりで作った映画です(笑)

まあつまらなくはないけれど、もう1つ2つとびぬけてない感じで惜しい。
結局、ヒーロー活動する傍らで自分の生活を守る、守らないの話でしたしね。
女子じゃなくても・・・と思えたのが残念ですかね。
男子でも同じ設定なら同じような内容ならいけるかなと。


続編もあるらしいですが、女子ーズいうくらいなのでその時は女子力(笑)強い作品にしてほしいですね。
狙いは嫌いじゃないので期待しています。




・評価:★★★★★★★★★★
     ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
・公式サイト

【関連作品】










女子会川柳 (一般書)女子会川柳 (一般書)
シティリビング編集部

ポプラ社 2013-01-09
売り上げランキング : 17726

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『女子ーズ』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる