起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日も元気にカルト映画館〜第153回『ベイビー・ブラッド』

<<   作成日時 : 2014/07/19 12:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

VHS発掘隊は面白い作品が多いですね。




画像

解説はallcinemaより
【解説】
 遥か太古の昔、生物がまだその形を現す以前より、ずっと息を潜め沈黙していた何物かがついに行動を開始。その進化の第一歩として犯され身ごもった女が、自らの体内に宿る胎児に操られ、血を求めて町の男たちを次々と生け贄にしていく……。いたってフランス風の間延びしたスプラッター・ホラー。血がほとばしる殺人シーンはなかなかの迫力で、後半に入ってからはグンと盛り上がりを見せるのだが、それまでの過程がダレ気味で退屈。また、設定を基本的に履き違えた所があり、その生物は今まで進化を止めていて、ついに人類にとって替わる存在となるために生まれてこようとしているのだが、なんとその地球征服が誕生から50億年後との事で、“おいおい気が長いって”とおもわずつっこんでしまう。真面目に見ては楽しめないC級ホラー。


冒頭に太古から地球は生物、植物は食料を奪い合ってきた。そして、誕生していないある生命の誕生を待っていた。
みたいなモノローグで始まる。この声の主は主人公の女性のお腹に宿る生命体であることは声でわかるのですが、その進化の第一歩として主人公のヤリマン女にターゲットを絞ります。

面白いのはその新生命体が主人公女の体を媒体にし誕生しようと目論むのですが、女とその生命体はテレパシーで会話できるという。
だから、街を歩きながらお腹の子とお話するのでまるで独り言を言ってるようなニコ生の生主外配信みたいな状態です。
見るからにクソビッチな女なので、次々と男が寄ってきますが、その度に最初の方は殺したい欲求と殺してはあかん!という本能が葛藤する。
最近、テレビアニメで始まった『東京喰種トーキョーグール』みたいですね、
そう、最初の方は・・・。お腹の子が成長し、お腹が大きくなるにつれて段々とその葛藤もなくなり、あっさりと体を支配されてるような。

平気で男の腹を刺したり、頭を蹴り飛ばしたりだんだんと女のバイオレンス・アクション芸も板についてきます。
もちろん、輸血用のパックを鷲掴みにし、飲み干すなんてシーンもあるけれどベイビーが血が欲しいという割にはあまり血を啜ってるシーンは少ないような。その代り惨殺シーンは多いですよ。

そういえば、色々と可笑しいシーンはあるものの、特に1つ笑ったシーンがあった。そんな得体のしれない化け物が宿って女と会話していくのですが、普通に「タバコは出産に悪いからやめてくれ!」とか化け物が要求してくるところには笑った(笑)

母性・・・とはちょっと違うな。いつの間にか腹に宿った生命と女は奇妙な友情みたいなもんに目覚めていくのが面白いですね。
最初は自分の腹にナイフを突き立てて不気味な化け物を殺そうとするのだけれど「そんなことできないくせに」と女の性格を見抜いて挑発したりしていたもんだったのにね。

友情が芽生えてきたお腹の子だけれど、まあ結局生み落します。すると、その生み落した子供がめっちゃ可愛い人間の赤ちゃんなんですわ。

もしかしたら、この映画・・・母が子を産むという映画ではありますが、母性というものが出てきたのはこのあたりかもしれません。
でも、この赤ちゃんが真っ当なわけはなく・・・(苦笑)
後は観てのお楽しみですが、ケジメをつけようとする女が活躍するこの後の展開ももう少し長めにやって欲しかったかな。
赤ちゃんを生み落してからは結構すぐにエンドロールに入っちゃいましたからね。
あと、何言ってるかはわかりませんがエンドロールに流れる幼い子供のアカペラの唄も印象的でした・・・。


この映画、観たかったんですよー。
で、先日感想文を書いた『バクステール』と『新・死霊のしたたり Silent Night, Deadly Night DVD-BOX 』ってもんを買って、そのキャンペーンの応募券でタダでこのソフトもらったのです!

いやあ、タダでもらった割には面白くて満足でした。
ただ、噂の「松坂季実子爆笑吹替版」は本DVDには付かず。

それだけは残念でした(笑)




・暴力殴打度:★★☆☆☆
・芸術ぽい度:★☆☆☆☆
・理解不能度:★★★☆☆
・キ●ガイ度: ★★★★☆  
・グロゴア度: ★★★★☆
・下品汚物度:★★★☆☆  
・おバカ様度: ★★★☆☆ 
・御エロ様度: ★★★★☆






【本作品、関連作品】










AVP2 エイリアンズvsプレデター フェイスハガー リアルソフビフィギュアAVP2 エイリアンズvsプレデター フェイスハガー リアルソフビフィギュア

フリュー
売り上げランキング : 256706

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日も元気にカルト映画館〜第153回『ベイビー・ブラッド』  起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる