起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版』を観てきました。

<<   作成日時 : 2014/08/29 08:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

新作ガンダム先行上映は\1,300で鑑賞できます。




画像

<2014.8.28 TOHOシネマズ日本橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:シリーズの原作者・富野由悠季が1999年の「∀ガンダム」から、およそ15年ぶりに新しいテレビシリーズの総監督を務めたロボットアニメ。宇宙世紀(ユニバーサル・センチュリー)のその後の時代、リギルド・センチュリーを舞台に、宇宙と地球をつなぐ神聖な場所を守護するキャピタル・ガード候補生の少年と海賊部隊の少女らの戦いと運命を描く。主人公の声を石井マークが担当するのをはじめ、嶋村侑、寿美菜子、福井裕佳梨らが参加。主人公が駆る愛機G-セルフやさまざまなガジェットにも期待。「特別先行版」はテレビシリーズの1話から3話を上映。

ストーリー:宇宙戦争を繰り広げた宇宙世紀が幕を閉じ、新たな時代であるリギルド・センチュリー(R.C.)を迎えていた。R.C.1014年、地球上のエネルギー源であるフォトン・バッテリーを宇宙よりもたらすキャピタル・タワーを守護するキャピタル・ガードの候補生ベルリは、初実習の最中に謎のモビルスーツ・G-セルフを操縦する宇宙海賊のアイーダ・レイハントンと出会う。


TOHOシネマズに通い詰めてもうとっくにフリーパスがもらえる6000マイルは貯まってて。
色々質問しに、会社帰りに日本橋のTOHOに寄りました。

その質問の中で正規料金が1800円以下の特別興行扱いの上映作品のものはフリーパスで見られるのか?と質問した時に「今上映してる『ガンダム』などは観ることができません」と回答をもらいました。
なので、この新作ガンダムの1〜3話の上映はせっかくTOHOに来たわけだしとその場でチケットを買って鑑賞しました。

夜18時の時間帯ということもあるからか客席は若者は全く来てなくて中年以上の人しかいませんでしたが、そこそこ人も入っておりましたね(30人くらい?)。

あと、この作品は「映画」に入るのかどうか迷いましたが、映倫マークもありましたし、何よりシネマトゥデイなどの映画作品検索でヒットするので今回は「映画」として紹介させてもらいます。

さて、そんなわけで新作TVシリーズガンダムの『ガンダム Gのレコンギスタ』ですが・・・正直、あんまり楽しめなかったかなと。
ガンダム産みの親である総監督の富野由悠季が「アニメを再び、子どもの手に」というコンセプトで作ったアニメで
本作の第1のターゲットは『10才〜17、8才』と富野総監督は語った。

という触れ込みらしい。

そういうこともあるからか、印象としてはやけに”明るい”。
地球と宇宙を繋ぐ軌道エレベータ、キャピタル・タワーってものがあって、それを護るキャピタル・ガードというお仕事につくための訓練生であるベルリ・ゼナムというエリート少年が主人公なわけですが、その実習の場にいきなりチアガール5、6人が乱入し候補生たちを応援する。そして、彼女たちにとっては将来の夫を探すためにもお色気セックスアピールを頑張ってるの!みたいなシーンがあって、頭の方から「なんだかなー」と。

また、終盤キャピタル・タワー襲撃してきたガンダムに搭乗していたヒロイン(たぶん)を助けにきた敵側のおっさんがベルリ搭乗のMSにコックピットを撃ち抜かれ、たぶん死んだと思うのですがヒロインが「あんたが殺した」と泣いてベルリに詰め寄るのです。
これはいい。いいのですが、そこまで怒り、怨みをもった相手なのにその怒りのトーンを下げるのが早すぎじゃないか?と。
本当に難ければG−セルフ(新しいガンダムの機体名)でヒロイン操縦の時にベルリを突き落してやることもできたのになんか違和感。


まあ、そんなわけで「子供向け」と宣言してるからであろうか。全体的にあっけらかんとして明るいというか、間が抜けてるような印象が残りました。

新しい主人公機体のガンダムもどこか丸っこくてあまりカッコいいとは思わない。


正直に申しますと1〜3話を見ただけではそんなに心を掴まれるような新作ガンダムではなかったです。
既存ガンダムの焼き直しみたいな部分が多かったとはいえ『ガンダムUC』はそれなりに楽しめましたが、新作はそこまでではないかな。

ただ、ガンダムと言えばそのUCもそうですがテンプレートみたいな展開がつきものですが、そいういうガンダムお約束の黄金パターンみたいなものは感じられないので(あ、でもララアものどきみたいなものがいたかな?)・・・いや全く無くはないので「少なそう」なので、テンプレに乗らない展開なら期待したいですね。


全26話、半年のクールでのテレビシリーズらしいですが、とりあえずこれも何かの縁ですし4話以降も観てみたいですね。ただ、そのままフェイドアウトしてしまう可能性もあるかなというのが1〜3話の感想ですね(苦笑)


ん・・・?今、公式サイトみたら「アニメイズム枠」での放送とか。
アニメイズム枠って深夜ですよね・・・。この枠で10代以下の子供がターゲットって富野由悠季総監督・・・。






・評価:★★★★★★★★★★
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(10) 
・公式サイト

【本作品・関連作品】








結婚の条件 エリート軍人はうぶな彼女に魅せられる (ティアラ文庫)結婚の条件 エリート軍人はうぶな彼女に魅せられる (ティアラ文庫)
青砥 あか

プランタン出版 2014-06-18
売り上げランキング : 15401

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる