起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『STAND BY ME ドラえもん』を観てきました。

<<   作成日時 : 2014/08/09 13:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「泣き」と「大人も楽しめる」を全面に押し出してきたドラえもん3Dアニメ




画像

<2014.8.8 イオンシネマ市川妙典 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:藤子・F・不二雄原作で国民的アニメであるドラえもんのシリーズ初となるCGアニメ。『friends もののけ島のナキ』などの八木竜一と『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどの山崎貴が共同でメガホンを取り、原作中から「のび太の結婚前夜」や「さようなら、ドラえもん」といった名作といわれる複数のエピソードを基に展開する。珠玉のストーリーもさることながら、ミニチュアで制作した背景にCGのキャラクターを重ねるなどこだわり抜いた画作りや演出も光る。

ストーリー:東京の郊外に暮らす運動オンチで勉強もできない少年、のび太。ある日、22世紀から子孫であるセワシがドラえもんと一緒にタイムマシンでのび太を訪れる。のび太が作った借金が原因で、セワシのいる代まで迷惑をこうむっていた。そのためセワシは、のび太のために世話係のネコ型ロボット・ドラえもんを連れてきたのだ。こうして、のび太はドラえもんと暮らすことになり……。


妙典上映17:25の回だと予告込でギリギリシアター着でした。(17:36ごろ)

で、到着するなりすぐ「ドラえもん」が始まりました。


鑑賞後の感想としては、売り通り大人でも楽しめましたし、涙腺を刺激されるシーンもありました。

ただ、子供の頃に普通に『ドラえもん』を楽しんでた人であればのび太としずかちゃんの結婚式前夜のエピソードやのび太とジャイアンの決闘する「さようならドラえもん」のエピソードだったり、ドラえもんの感動エピソードを1つの作品に集約したものである。
ドラえもんを全部読み切ったかと言えばそうではないので、知らないところもあるのかもしれないが恐らくセワシくんの設定した鼻の幸せタイマーは映画オリジナルの設定なのかな?初めて見る設定だった。
こうした寄せ集めの場合、概して作品のバランスが崩れたりするものだけれど、この作品に関しては繋ぎが見事。つまり脚色が絶妙で恐らく、ドラえもんを全く知らない人であればかなり感動できたかもしれない。

ただ、日本の多くの子供経験者(映画の宣伝文句より引用)がよく知るドラえもんの有名すぎるエピソードがごった煮状態になっていることもあり、私は繋ぎは良い方だと思うけど既存の知識と照らし合わせるとシックリ来ない人が居る可能性もある。
そうした人たちのためにも、どうせならもう少し新しいエピソードで泣かせに来てほしかったという欲求も確かにある。

先ほどは脚色が見事といいつつ、片方ではそう思うジレンマ(苦笑)

まあでも、結局なんだかんだで楽しめたからいいのかな。
3D映画ではありましたが、その3Dで楽しめるアトラクションの部分もそれなりに楽しめましたしね。

いい映画だと思いますので興味ある方はぜひ。





・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★☆☆☆☆☆ (15)
・公式サイト

【関連作品】










ドラえもん ぬいぐるみ Lドラえもん ぬいぐるみ L

セキグチ 2009-12-15
売り上げランキング : 3002

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
雪山の場面から涙が止まらず
何度か3Dメガネをずらしてました。
90分位でうまくエピソードまとまってましたね。
雪山の場面はじめ若干アレンジした所も好感触。
ぱたた
2014/08/18 10:29
ええ、映画として上手くまとまってると思うのですが一部では叩かれまくってます。
幸せにしないと電流が走る設定だとか、泣かせにいくあざとさで叩かれてるようです。
でも、1本の映画としては上手くまとまってて良いと思いますよね。
まあそれだけ声も多いということは反響が大きくみんなの注目が集まってるということで。
かつを
2014/08/18 12:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
『STAND BY ME ドラえもん』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる