起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『イン・ザ・ヒーロー』を観てきました。

<<   作成日時 : 2014/09/25 08:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

「これぞ、東映!」by吉川晃司




画像

<2014.9.7 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:特撮作品などで、ヒーローや怪獣のスーツ、着ぐるみを着用し演技をするスーツアクターを題材にしたヒューマンドラマ。25年にわたってスーツアクター一筋の男の姿を、若手俳優との絆やハリウッド映画出演などを交えながら映し出していく。メガホンを取るのは、『EDEN』『モンゴル野球青春記』などの武正晴。『20世紀少年』シリーズなどの唐沢寿明が主演を務める。共演は福士蒼汰、黒谷友香、寺島進ら。作品に命と懸ける者たちの生きざまに迫った熱いストーリーもさることながら、スーツアクター界の内幕描写の数々も興味深い。

ストーリー:下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクターである本城渉(唐沢寿明)。数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)という人気若手俳優と出会う。ヒーロー番組に敬意を払わないリョウと対立するも、ある出来事を契機に本城は彼と絆を育むように。そんな中、日本で撮影中のハリウッド大作で、落下して炎にまみれながらノーカットで殺陣を繰り出すクライマックスに出演する予定だった俳優が、恐れをなして降板。慌てたスタッフは、本城の評判を聞き付けて出演をオファーする。


※9/28まで有効のTOHOシネマズフリーパスポートでの鑑賞。

簡単に。
『蒲田行進曲』の真似事とか、ワイヤーを使わない演出を見せる場所で吹っ飛ぶ適役がどうみてもワイヤーで吹っ飛ぶとか気になるシーンは少々あれど、私はこの作品大好きですね。

東映の特撮が好きということもあるかもしれません。
そして、陽の当たる場所にいる若手アイドルスターを福士蒼汰が演じているものの、多くは主人公の唐沢寿明がヒーローの中の人であるスーツアクターを演じるなど、特撮番組を作るための裏方にスポットを当てて、そこに映画ならではのドラマを持ちこんだ作品になっていて、そこに吉川晃司が主題歌で濃いほどの色をつけて盛り上げるというね。

特撮がそこまで好きじゃなかったり、吉川が好きじゃなかったら感情移入もそこまでできず、きっと面白くないのかもしれません。
まあ、それに該当する人が少ないだけかもしれませんが、個人的には面白かったですよ。


ただ、福士がハリウッド俳優を目指す理由は後に明かされるが、その理由にある「許し」についての説明が弱かったのが気になるかな。





・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★★★☆☆☆ (17)
・公式サイト

【関連作品】







あの頃映画 「蒲田行進曲」 [DVD]あの頃映画 「蒲田行進曲」 [DVD]

SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) 2012-01-25
売り上げランキング : 17148

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
鶴岡まちなかキネマに上映希望出して11/15〜本作上映です。
仮面ライダー慣れしている為か、何と娘も観たいとの事。
少々先ですが楽しみにしています。
ぱたた
2014/10/28 09:38
特撮好きにはたまらない一本ですよ!
見ることができるといいですね!
かつを
2014/10/28 22:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
『イン・ザ・ヒーロー』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる