起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』を観てきました。

<<   作成日時 : 2014/10/31 08:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ここしばらく『ゴッドタン』観てなかったらいつの間にか第二弾映画が出来ていた




画像

<2014.10.17 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:芸人たちが即興演技でセクシーアイドルによるキスの誘惑を退ける、バラエティー番組「ゴッドタン」の人気企画の映画版第2弾。劇団ひとりが高校を舞台に、謎の人物に支配された場所で必死にキスを我慢する様子を全てアドリブで演じ通す。ひとりの親友を『カイジ2〜人生奪回ゲーム〜』などの安井順平が好演。福士誠治、中尾明慶、伊藤英明ら実力派俳優たちと共に万全の態勢で挑む、緊張感あふれるアドリブ決戦の行方に息をのむ。

ストーリー:アイマスクを着け制服を着た劇団ひとり。ある場所に連れて行かれアイマスクを外すと、そこは階段の踊り場だった。彼がくたびれた制服姿の女子高生亜衣(上原亜衣)に案内された先は屋上で、血だらけの人々が横倒しになっていた。困惑するひとりに順平(安井順平)が逃げるよう指示するものの、仮面を着けた男に操られた亜衣の超能力で体の自由が利かず……。



あれほど、熱心だった『ゴッドタン』もここ数ヶ月全く見てなかった。
でも、2度目のキス我慢の映画化ということでとりあえあず映画ファンな僕は観に行ってきました。

観に行った理由ももはや惰性。
だから、あんまり期待していなかった。『ゴッドタン』の劇団ひとりのキス我慢も最初から演技やアドリブに寄った劇団さんがもう食傷気味で。


今回ももちろん、そんな流れだったんですけれど、劇団ひとりの暴走を「うまいアドリブだねー」とおぎやはぎ、バナナマンの4人が観察するだけなんですけど(松丸アナは演歌番組の収録とかでエンディングまで欠席でしたw)、どんな感じなのかわかりつつもなんだかんだで笑ってしまった(笑)

前作同様基本的には台本はあって、そこに劇団さんのアドリブが入るというのが流れなんですけれども、予想外のことが起こるほどのアドリブはラストシーンくらいなので、あまり「アドリブ」を楽しむという意味では物足りなさはあった。

が、何が笑えたのかというとやはり劇団ひとりの1つ1つの言い回しでしょうか。それに尽きるかもしれません。
起こったことへのさり気無いツッコミだったり、大げさすぎないボケだったり。
こういうところはやはり、上手いなと思います。自虐織り交ぜつつ、その場を生かした笑いを要所要所で挟んでくるあたり。

また前作同様、劇場鑑賞ということでみんなが笑えば一緒になって笑って。
そのような空気感もまた楽しめた一因にはあったと思います。

ただ、一応映画ということと先ほども書いたように筋があるということもあり場面転換の間にドラマパートが入るんですが、東京03飯塚を弄ったりと一応笑いを取ろうとするところはあるものの、どうも繋ぎパートだけは話を進めるため、また間を稼ぐためのものであることは明白なこともありどうもそこで引かされてしまうところもあり。

笑わせに行ってるのも感じれるだけ寒さを逆に感じてしまってしょうがなかった。

でも、基本的には笑えましたしこの映画を観るまで『ゴッドタン』はここ半年くらいまともに観てなかったんですが、土曜深夜で見逃すことも多いので週録予約し、ここからまた毎週見るようになりました(笑)





・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★★☆☆☆☆ (16)
・公式サイト

【関連作品】










上原亜衣16時間BEST ムーディーズ [DVD]上原亜衣16時間BEST ムーディーズ [DVD]

ムーディーズ(MOODYZ) 2014-02-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる