起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』を観てきました。

<<   作成日時 : 2014/10/06 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

全く『アイドルマスター』ってもんは見たことない状態でこの映画を鑑賞しました。




画像

<2014.9.21 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:人気ゲームを原作に、とあるプロダクションに所属する13人の少女がアイドルを目指す姿をつづった「THE IDOLM@STER アイドルマスター」の劇場版。トップアイドルを目指すべく、新米プロデューサーと一緒に成長していく彼女たちを描いたテレビアニメ版のその後の物語が完全新作として展開する。監督は、『天元突破 グレンラガン』シリーズや『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』などに携ってきた錦織敦史。アリーナライブに備え、合宿でアイドルたちが見せる素顔は必見。

ストーリー:トップアイドルとして活躍する765プロダクションのアイドル。美希はハリウッド映画デビューが決まり、千早は海外でレコーディングすることになるなど、飛躍していた。そんな中、765プロダクションのアイドルたちによるアリーナでのライブが行われることに。ライブリーダーには、メンバーのまとめ役でもある春香が選出され……。



「「知らない」とか言っちゃって〜〜本当はおまえ、めっちゃこのアニメ好きなんだろ〜?!キモオタと思われるのが嫌だから知らないとかウソついてんじゃねえの〜〜〜?www


と、思われるかもしれませんが、本当にマジで本当に一度もこの映画を観るまでこのアニメ見たことなかったですよ!
『まどマギ』にしろ、『グレンラガン』にしろ、『エヴァ』にしろ、『けいおん!』にしろちゃんと劇場版鑑賞前にTVアニメシリーズをちゃんと観てる映画については正直に「TVアニメ版見てきてます」っていつも書いてるから(笑)

※ちなみに自分はオタではない・・・と思います(苦笑)。こんな奴をオタ扱いするとガチな人から鼻で笑われるし、自分もそんなつもり全然ないです。確かに数年前まではアニメに抵抗ありましたが、一時期交流のあった人からアニメの良さを教えてもらってからはアニメに対する抵抗は無くなり、今ではドラマを数本初回の1話見て見続けるものを選ぶような感覚でアニメも数本1話見て、以降見続けるものを1クールで1、2本程度見てるというそんな感じですかね。


だから本当に知らなかったんす。見たことなかったんす。
なのになんでこの映画を観たのか?

TOHOシネマズフリーパスで無料で観ることが出来るから見たんですよ!!

そんなわけで見たわけですが、つまんなくはなかったです。
まあ3次元はもちろん大好きですが、2次元でも可愛い女の子が山盛り出てくるような映画はそりゃ目の保養になりますよ。

まあちゃんとTV?OVA?映画?何が前作なのかわかりませんが、それを観ていればきっともっともっと楽しめたのでしょう。当たり前ですね(笑)

かわいさってのは十分に堪能できたのですが、ストーリーについて。
12人のアイドルグループのライブで研修生みたいな6?7人くらいの若い女の子がダンサーでついてライブに参加することになり、一緒に練習するのですがどっかの屋外のミニステージみたいなところで1人の女の子が転倒。
それだけで週刊誌が鬼の首をとったかのような中傷記事を書き、それがその子に効きすぎて凹んで練習から逃げ出し、辞める宣言を出すとかそんなしょうもないことがメインの話になっていきます。

いや、そもそもそれっぽっちのことで週刊誌が叩き記事書くことなんかないだろ(苦笑)・・・。

1人その研修生に優等生な女の子がいて、そんなコに構ってると練習が遅れる!と言って構うことに反対するが、リーダーに選ばれた女の子が「いや、彼女もいれてステージやりたい!」と主張するわけですよ。

もちろん、アニメ的にはそれが王道で感動パターンなのでしょうけれど
「メンヘラの女の子1人のために、めんどくせーな〜〜・・。」と思ってしまった私は心がよっぽど荒んでるんでしょうか(苦笑)



まあでも、ライブシーンはそれなりに良かったと思いますし、なんといってもキャラゲーみたいにキャラクターの可愛さあっての作品だと思うのでそういう意味では及第点なんじゃないでしょうか。






・評価:★★★★★★★★★★
     ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)
・公式サイト

【本作品:関連作品】







キャプテン 文庫全15巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)キャプテン 文庫全15巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)

集英社 2010-12-01
売り上げランキング : 6244

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる