起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ミュータント・タートルズ(2014年版)』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/02/25 08:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

1990年頃の3部作に続く実写映画化




画像

<2015.2.11 イオンシネマ市川妙典 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:忍者の扮装をしたカメのヒーローたちの活躍を描き、アメコミやアニメ、映画化で人気を博した作品を、マイケル・ベイ製作で実写映画化したアクション。ニューヨークの地下道に暮らし、悪から街を守るべく戦うタートルズたちの勇姿を活写する。メガホンを取るのは、『世界戦略:ロサンゼルス決戦』『タイタンの逆襲』などのジョナサン・リーベスマン。『トランスフォーマー』シリーズなどのミーガン・フォックスや、『俺たちフィギュアスケーター』などのウィル・アーネットなどが出演する。ベイらしい迫力満点のアクションシーンが期待できる。

ストーリー:ニューヨークで悪事を働く犯罪組織フット団を追っていたテレビレポーターのエイプリル(ミーガン・フォックス)は、ある日、強盗に入ったフット団をこらしめる何者かの姿を目撃する。数日後、エイプリルは別の現場でフット団をやっつける何者かに遭遇。撮影に成功するも、そのヒーローたちの正体は人間の言葉を話し、体長180センチもあるカメだった。


1990年に最初の実写映画になったらしいですね。
当時は高校生ですね。確かあの頃、弟がなんか知らんがミュータント・タートルズにハマってた思い出だけあります。
弟が小学生の頃かな?とか勝手に思ってたんですけれど年代を見ると中学生の頃っぽいですね。
なんでハマってたのかきかっけとかは知らないですがw

さて、そんなわけで約25年後にマイケル・ベイ製作(この手のものマイケル製作多いね)でリメイク。
25年前と異なり現代ではVFXも駆使し、かなりリアリティのある架空の亀のヒーローを迫力の映像で見せてくれます。

今回、2Dで見たのですが3Dで観たらきっとアトラクション要素でも楽しめそうですね。

映画の感想としては・・・まあまあ楽しめました。
特に特筆することもないですが(笑)

アメリカのキッズ向け映画ですし、まあ深く考えなくて見るのがよいですね。

(本当に内容がなくてすみません)



・評価:★★★★★★★★★★
     ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
・公式サイト


【関連作品】









エナメルの縄いらず亀甲ボンテージエナメルの縄いらず亀甲ボンテージ

アトラス(オリジナル)
売り上げランキング : 28065

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
姉と暮らし始めの25年前は茅ヶ崎に映画館無く
観光ついで小田原オリオン座にて「プロジェクトイーグル」と
2本立てで観ましたヨ。姉は飽きてたようでした。
近所の鶴岡まちなかキネマで2015版上映中が、
地元の加茂水族館ロケ「海月姫」も上映中なので
まとめて鑑賞予定です。
ぱたた
2015/02/25 08:58
まあ、飽きても仕方ないようなシリーズですよね・・・w
ただそこそこそれなりに見ることが出来るのもこのシリーズの良さでもあったり。
出来れば3Dで観たかったですね〜。特にアトラクション部分。
かつを
2015/02/26 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ミュータント・タートルズ(2014年版)』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる