起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『味園ユニバース』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/02/27 08:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

役者は悪くないのだが・・・




画像

<2015.2.14 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:関ジャニ∞の渋谷すばるが初めて単独で映画主演を果たした人間ドラマ。渋谷がふんした歌う以外の記憶を喪失した男が、とあるバンドマネージャーの少女と関わりを持ったことで過去と向き合い、自らを見つめ直す姿を描く。彼と行動を共にするうちに自身も変化していくヒロインには、『ヒミズ』などの二階堂ふみ。『苦役列車』などの山下敦弘監督が、大阪のサブカルチャースポットとして知られる味園という土地を舞台にユニークなドラマを作り上げている。

ストーリー:大阪のとある広場でバンドがライブをしている中、記憶を失った若い男(渋谷すばる)が舞台に乱入し歌を披露する。ざわつく会場で鳴り響いた男の歌声は、周囲の人間を圧倒する。彼の才能に興味を抱いたバンドとマネージャーのカスミ(二階堂ふみ)は「ポチ男」とあだ名を付け、スタジオで働いてもらうことにする。やがてバンドのボーカルに迎えられたポチ男は、喪失した過去の記憶をたどっていき……。



一言で言うと「最初は力を入れていて最後に向かうにつれて作りが雑になってる。」そんな映画。

編集がもの凄い糞編集でした。
特に最後ね。
もしかしたら、監督の狙った演出なのかもしれない。
こことここの間の出来事を知りたいというところが省略されてるからとってもモヤモヤした気持ちになる。

敢えてそう編集したというのであれば、的を外したと言わざるを得ない。これはない。
久しぶりにこなした1日3本ハシゴの3本目なだけに疲れがどっと出たような思いがありました。

役者に関しては主演の2人、渋谷・二階堂は悪くない。むしろ、良いのだけれど編集のせいで映画に不満が残るのはいただけない。

そんな残念な作品でした。




評価:★★★★★☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (5)
・公式サイト


【関連作品】








ポチの告白 [DVD]ポチの告白 [DVD]

株式会社ティー・オーエンタテインメント 2010-03-15
売り上げランキング : 75960

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『味園ユニバース』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる