起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/03/24 09:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

やっぱりご本人様出演がワクテカする




画像

<2015.3.23 イオンシネマ市川妙典 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:石ノ森章太郎の原作に描かれながらテレビシリーズには現れなかった幻のキャラクター、仮面ライダー3号がほかのヒーローたちと共に登場する特撮アクション。仮面ライダードライブが、正義か悪か定かではない3号との出会いを果たし、激しい戦いを展開する。監督は、仮面ライダー、戦隊シリーズ作品などを手掛けてきた柴崎貴行。仮面ライダードライブを竹内涼真が演じ、仮面ライダー3号を『相棒』シリーズなどの及川光博が演じる。仮面ライダードライブと3号が愛車で繰り広げるレースなど、迫力満点のアクションに注目。

ストーリー:1973年。仮面ライダー1号と仮面ライダー2号はショッカーを壊滅させるも、ショッカーが開発したとてつもない強さを誇るライダー、仮面ライダー3号によって亡き者とされてしまう。そして2015年、全世界はショッカーによって支配されていた。ショッカーの一員である泊進ノ介(竹内涼真)はショッカーの卑劣さを見るうちに、子供たちを救った仮面ライダーBLACKのことを思い出す。そんな進ノ介の前に仮面ライダー3号こと黒井響一郎(及川光博)が出現し……。


私が書いたわけではないですが、イオン妙典のお客様からの声に「夜の回の上映は大人のライダーファンに需要あると思うから上映してください」という要望を張り出された声で読んだことがあります。
思わず頷きましたが、その声に応えるかのように1番シアターという一番小さい箱ではありますが19:40からの回で上映があったので早速観てきましたです。

今回の新作ライダー映画も大戦ものであるのでライダー勢揃いシリーズなわけですが、今回の軸は現在放送中の『仮面ライダードライブ』。
シンノスケと霧子ちゃんが出先で一瞬のうちに世界がショッカー一色に塗り替えられた世界を体験すると現実世界とのギャップに戸惑う霧子ちゃん。横を見るとシンノスケもショッカーのためにライダーを倒すとか言い出す始末。

この狂った世の中に侵食されてたシンノスケですが、子供を盾に使ってまでライダーを倒そうとするショッカーを見てシンノスケも正気を取り戻していく。
そして、ショッカーに侵食されてないライダーと出会いながらショッカーの本部を叩き潰しにいく・・・という流れです。

その途中で出会うライダーたちはオリジナルキャストで出てくるのが嬉しい。
仮面ライダーギャレンの橘さん(天野浩成)だったり、仮面ライダーBLACK、RXの南さん(倉田てつを)。
なにより嬉しかったのが先日のライダーにも出てましたが大好きな仮面ライダー555乾巧役の半田健人の出演も凄く嬉しかったし、特に嬉しかったのが仮面ライダーゼロノス/桜井侑斗役の中村優一が出ていたことですかね。

とにかく侑斗と相棒のデネブのキャラは大好きで、彼を主演に据えたスピンオフ映画の『ゼロのスタートウィンクル』はその年のベスト20に選ぶほど好きでした。
でも気が付いたら中村優一は一時、芸能界を引退してるという情報を知って大変残念に思ってたんですよね。
若くてイケメンだし、ライダーシリーズ2つ(響鬼と電王)もメインキャラを務めてたので応援してましたしね。

しかし、いつの間にか芸能界復帰していたようで。そしてこうしてスクリーンで再び侑斗とデネブのコンビが見られただけでも感涙ものでしたよ。

また、ブレイドの橘さん以外の他の3人も声だけでも本人役で出演されてましたしね。

そうした過去のオリジナルキャストの出演にも大満足してはいるのですが、もちろんこの映画から出てきた新ライダーの仮面ライダー3号(注意:V3ではない)もカッコ良いし、自身が消えるかもしれないという哀愁感じる役で大変よかったように思います。

概ね今回のライダー映画には満足したのですが、1点だけ大いに不満が・・・・

戦隊出す必要あったんですかね・・・?あれ?
朝早おきして暇があったら基本ライダー待ちで戦隊ものも見るのですが、今年の冬に始まったニンニンジャーでしたっけ?あれはあんまり見る気しなくてほとんど見てないです。いまのところ。
なんか侍と忍者の違いこそあれどなんか松坂桃李の出世作になったシンケンジャーと被りません?なんとなく。

まあそれはともかく、あんまり見てないからライダー映画にとってつけたように出てきたニンニンジャーにゲンナリしてしまいました。そこがなければ★17以上確定だったかも(苦笑)

ニンニンジャーで水をさされるところはあれど、基本的にはかなり面白かった一作でした。

ただ、ネタバレになるので詳しくはいいませんが・・・仮面ライダーマッハの扱い・・・あれでいいの?
最近のライダー映画は昔の劇場版と異なりTVシリーズと重ねてもうまく話が繋がるところも好感度高いところだったのですが、また映画は映画でパラレル設定になってしまうんでしょうかね?

ああ、そこも減点材料かもでしたね。


まあ、面白いからいいんですけどね(笑)




・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★☆☆☆☆☆☆ (14)
・公式サイト


【関連作品】












チキチキマシン猛レース コレクターズボックス [DVD]チキチキマシン猛レース コレクターズボックス [DVD]
野沢那智

ワーナー・ホーム・ビデオ 2001-08-10
売り上げランキング : 41617

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この感想見ていく決意になりました・・・・・
ショッカー戦闘員大量に出るようですね
やられっぷりに感動です(笑)昭和ライダーの時のように
服を剥いで化けたりするシーンもあったり?
カズ
2015/03/24 21:10
服を剥いでの変化はなかったような・・・(あったらごめんなさい!)
やっぱりオリジナルキャストの競演!これに尽きます。思い入れがあれば是非!
かつを
2015/03/24 21:48
初日に娘と鑑賞です。真後ろではでかい声で父親が息子に出演ライダーの解説、
斜め後ろでは飽きた男の子が帰ろうの連発で少々滅入りましたが、
かつをさんの言う通りオリジナルキャストは盛上りますね。
それと今回3号のデザインが久々ハマり、率先して娘を誘った次第。
ただ娘が「1973年2月に1・2号倒したら、3号(黒井)は何歳なの?」と…。
ラスト近くその疑問を皮肉った台詞も有りましたネ。
あと確かに唐突に出たニンニンジャーは不必要でしたが
「ロボットの戦いだから出たんじゃない?」との事、成程。
さまざま詰め込みでしっかり楽しませて貰いましたね。
ぱたた
2015/03/25 10:32
噂ですが戦隊ものをバーターにさせるとその分、製作費の予算も引っ張りやすいとかいう話を聞きますが・・・さて・・・。
昨日、特典DVD見たのですが4号のエピソード1も桜井侑斗と乾巧が引き続き出演していて、お亡くなりになったマッハも生きててハルヒのエンドレスエイトみたいな感覚で面白かったです!
dビデオでしか続編見ることができないとか本当に悔しいです・・・いや、タブレットはドコモ使ってるので契約すればみれるのかもしれませんが、なんか抵抗あって・・・(苦笑)

なんにせよ、面白かったですね。今回の作品。
かつを
2015/03/25 15:39
こんにちは
「悪の教典」「変態仮面」のコメントがカウントされてるのに
画像には反映されていません
こちらのパソコンがおかしいのか 原因はわかりませんが・・・・・
カズ
2015/03/25 22:13
ページをF5キー等でリロードしてみるとでてくるかもしれません。
それで戻るかわかりませんが、是非お試しください。
かつを
2015/03/26 08:02
見てきました
あれだけめまぐるしく場面が展開するのも
より多くの出演者に見せ場提供しないと行けませんからね(笑)
カズ
2015/03/29 16:53
ええ。各ライダーの見せ場も必要なので仕方ないところですね。大戦ものは。
かつを
2015/03/29 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる