起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ドラゴンボールZ 復活の「F」』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/05/02 09:49   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

もうオワコンか?




画像

<2015.4.19 イオンシネマ市川妙典 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:原作者の鳥山明が初めて自ら脚本を手掛けた、国民的人気コミックの劇場版。前作『DRAGON BALL Z 神と神』でのビルスとの死闘後の地球を舞台に、孫悟空たちとよみがえった宿敵フリーザや新フリーザ軍が壮絶なバトルを展開する。監督は、「ドラゴンボール」シリーズをはじめ人気アニメの作画監督などを務めてきた山室直儀。野沢雅子や中尾隆聖、山寺宏一などが声を担当する。劇場版ならではのスケールで描かれる、さらなる進化を遂げたフリーザと悟空との激突に注目。

ストーリー:破壊神ビルスとの戦闘が終わり、地球には平和が訪れた。ところが、ドラゴンボールを求めて地球に近づいてきたフリーザ軍の残党ソルベとタゴマがフリーザを復活させてしまう。孫悟空たちサイヤ人へのリベンジを果たすべく、フリーザは地球に新フリーザ軍を送り込み、孫悟飯やピッコロ、クリリンが立ち向かう。そして、悟空とベジータは進化を遂げたフリーザと対峙(たいじ)し……。


子供の頃大好きだった「ドラゴンボール」。
2年前にも映画化されましたが、その大ヒットで味を占めたのかフリーザを復活させての続編です。

確か私が小学5年か6年くらいの時にドラゴンボールの連載が始まり、アニメも当然みておりましたがいつしか全く見なくなり漫画もアニメも最終回は観たのか観てないのか思い出せません。

いつ自分の中で面白くなくなったのかなーと思ったのですが、バトルのインフレが凄くなりすぎたことと人が死んでもどうせすぐに生き返るということで死への重みを感じられなくなったこととか、世界観が広がりし過ぎてしまったこととか・・・。

そして、前作の「神と神」で最高レベルの存在を出してしまったがために、フリーザを復活させたところで今更感があって・・・。

悟空やベジータが不在の時に地球侵略(でいいんだっけか?)を開始するフリーザ軍。
で、ピッコロさん、天津飯などのそれなり強いけどまだまだなキャラたちが1000人のフリーザ軍の雑魚と対戦するんですけれど、尺が長い、長い・・・。
まあ、映画としてそれなりの90分台に乗せるための尺稼ぎか?


ドラゴンボールはよく子供のころ見てた!でも、最終回ってなんだっけ?どんなんだっけ?
って人は多くないでしょうか?私もその1人です。
ハイパーインフレ展開に愛想が尽きてしまって自然と離れる人が多いのかもしれませんね。
私もそうですが。

その離れる理由になったもう数値度外視の成長物語の究極に位置する悟空と今更フリーザが戦ったところで・・・という結果が見え見えで緊迫感がない。
そういうところも面白くないと感じる一因だったかもしれませんね。

テレビで完全新シリーズが今更始まるとかなんとか。
なんとなくテレビ点けれいればみることもあるかもしれませんが、あんまり観ないでしょう。


よくネットスラングで「オワコン」という言葉があります。
終わったコンテンツという言葉の略です。
その文字通りDBはオワコン化しているんじゃないかなと改めて再認識させられた映画だったかもしれませんね。


前作の映画「神と神」では同等の相手を作ったことでどういう決着になるんだ?と興味がありましたが(決着の拍子抜け展開はともかく)、もう破壊神ビルス並の存在を連発させるわけにもいかないでしょうし、もういいんじゃないでしょうか?と思うのですが・・・。


嫌いな作品じゃないだけにこの感想や評価は自分でも厳しいかなとは思うものの、嫌いじゃない・・・むしろ子供のころ好きなアニメ、漫画だっただけに業界としても瀕死の状態にあるフジテレビにイイように引っ張りだされ荒らされてるような気がしてなんだか辛いですね(苦笑)
(※参照「フジ新番組、1ケタ視聴率が止まらない! 『ひろいき村』『なるほどレストラン』ら爆死中)

7月からの新番組「ドラゴンボール超(スーパー)」は完全新作ながらも魔人ブウ編のその直後の話。
つまり、ブウ編で最終回なわけではなかったので時代の流れで言えばロールバックしての新作なわけです。

どうせならDBの世界の行く末が判らない新作が見てみたいですよね。





・評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (3)
・公式サイト


【関連作品】








ボクらが起こしたFの奇跡―横浜FC誕生秘話ボクらが起こしたFの奇跡―横浜FC誕生秘話
辻野 臣保

小学館 1999-05
売り上げランキング : 963796

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ドラゴンボールZ 復活の「F」』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる