起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『新宿スワン』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/06/11 08:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

監督は三池さんなのかな?




画像

<2015.5.31 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:ベストセラーを誇る和久井健の漫画を実写化したドラマ。新宿の歌舞伎町を舞台に、スカウトマンの青年がさまざまな女性を水商売、風俗、AVといった世界へと送り出しながら奔走する姿を追う。監督は『冷たい熱帯魚』『ヒミズ』などの園子温。『そこのみにて光輝く』などの綾野剛、『闇金ウシジマくん』シリーズなどの山田孝之、『ヘルタースケルター』などの沢尻エリカ、『あしたのジョー』などの伊勢谷友介と豪華な面々が結集。彼らが織り成す濃密な展開に加え、園監督ならではの鮮烈なタッチにも注目。

ストーリー:一文なしだが野心だけは人一倍ある白鳥龍彦(綾野剛)は、新宿・歌舞伎町に乗り込んで一旗揚げようと決意する。ひょんなことから彼は、名の知れたスカウトマンとして数々の伝説を持つ真虎(伊勢谷友介)に誘われてスカウト会社バーストの社員に。歌舞伎町をゆく女性たちに声を掛けては、水商売、風俗、AVの仕事をあっせんし、その紹介料をつかんでいく龍彦。さまざまな人物や出来事と対峙(たいじ)しながら、彼はスカウトマンとして、一人の人間として大きく成長していく。


簡単に。

面白かったです。
新宿歌舞伎町のスカウトマンのお話ですが、キャバクラや風俗に女の子を横流しするお仕事なので綺麗なお話で終わるわけはない。
そして、縄張り争いも相乗し物語は加速する。

で、この映画を観て恐らく多くの人が思ったのは「これって『クローズZERO』?」
主演の綾野剛をはじめ山田孝之や金子ノブアキなどのキャスティングもそうだけど、天気雨振る演出などもまるでクローズZERO。

だから監督はクローズZEROシリーズ同様三池崇史なのかな?と思ったら、園子温監督でした。
監督の演出というよりもプロデューサーが山本又一朗なのだから、その色が濃くなったか。

しかし、園監督の作品は大好きでよく見るのですけれどほとんど園監督らしさってもんが欠けていたように思います。
園監督はここ1ヶ月くらいで他の映画2本も公開されますし、なんかだんだん三池監督みたいになってきたような・・・。
いや、三池監督も好きだからいいんですけれど同じような作風にはなってほしくないなとは思うのですが・・・(苦笑)

まあ気になるところと言えばそんなところですかね。

でも、作品は結構面白かったです。
もともと『クローズZERO』と似てるとは言っておりますが、その『クローズZERO』はその年のBEST1に選ばせてもらうほど大好きな作品ですし、もちろんそんな私ですからこの作品も面白いと思ったわけですよ。

てきとーに上京してきた頭悪そうな青年(綾野剛)を伊勢谷友介が拾ってあげて、一人前のスカウトになるように成長を後押ししていく。
その中でライバル店との縄張り、権力争いそして薬の密売などの渦に巻き込まれていく。

自分はアウトローとは遠い生活をしていることもあるので、逆にそういう世界を映画などを通じて覗き見ることは結構好きだったりします。もちろん、それが全てじゃないのでしょうけれど直に近くでそのような世界を観たいとも思わないだけに映画という媒体はありがたいものです。

そういえばこの映画の舞台の新宿歌舞伎町。
(ロケは静岡県の街にセットを作って撮影したシーンも多いとはワイドショーで見て知っておりましたが)
今年4月にTOHOシネマズが出来て、だいぶ風景もコマ劇場があった頃よりは変わってきました。

最近は『セッション』を観に行った時以来ですから2か月前にしか行っておりませんが、相変わらず禁止されているはずのキャッチのお兄さんたちがまだ声をかけてきたりして面倒くさいですが、それでも以前よりはだいぶ変わってきたかもしれませんね。

歌舞伎町には大して思い入れもありませんが、行きやすい雰囲気ができてくることには個人的には歓迎ですね。






・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★☆☆☆☆☆ (15)
・公式サイト


【関連作品】











さよなら歌舞伎町 スペシャル・エディション [Blu-ray]さよなら歌舞伎町 スペシャル・エディション [Blu-ray]

Happinet(SB)(D) 2015-09-03
売り上げランキング : 319

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
三池監督と園監督確かに作風この作品では似ていますよね
むちゃくちゃな作風は好きですね でもそれが世間一般に受けいられて
メジャーになっていくのも違うかなと・・・・(笑)
でもおっしゃるように えぐいものにも興味あるけど それを映画で見せてくれるところはいいですよね・・・・
カズ
2015/06/14 15:43
そうなんです。この作品では似すぎてるんですよね。
まあでも嫌いじゃないからOKですけどw
かつを
2015/06/17 08:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
『新宿スワン』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる