起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『予告犯』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/06/19 08:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

映画、ドラマ同じ世界の異エピソードを同時公開




画像

<2015.6.9 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:「ジャンプ改」で2011年から2013年にかけて連載されて人気を博した筒井哲也のコミックを実写化したサスペンス。法では裁けぬ悪や罪をネット上で暴露し、その対象への制裁を予告しては実行する謎の予告犯シンブンシとエリート捜査官の攻防が展開する。監督は『ゴールデンスランバー』、『白ゆき姫殺人事件』などの中村義洋。『脳男』などの生田斗真が、新聞紙製の頭巾を被った異様な主人公を怪演、その脇を戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々ら実力派が固める。息詰まるタッチに加え、社会のさまざまな闇に光を当てる硬派な視点にも注目。

ストーリー:インターネット上に、新聞紙製の頭巾にTシャツの男(生田斗真)が登場する動画が投稿され始める。彼は動画の中で、集団食中毒を起こしながらも誠意を見せない食品加工会社への放火を予告する。警視庁サイバー犯罪対策課の捜査官・吉野絵里香(戸田恵梨香)が捜査に着手するが、彼の予告通りに食品加工会社の工場に火が放たれる。それを契機に、予告犯=シンブンシによる予告動画の投稿とその内容の実行が繰り返される。やがて模倣犯が出没し、政治家殺害予告までもが飛び出すようになる。



インターネットの生放送。
実は毎日のように見ています。しかも素人のストリーム配信。

素人が配信できる媒体としてはスティッカム、ユーストリーム、FC2、ニコニコ、ツイキャス、アフリカTVなどなどいっぱいありますが、よく見てるのはニコニコで主に男性の雑談系配信者の放送。
うたってみた、とか踊ってみたとか全く興味ないしニコニコで流行ってるゲーム実況放送なんてのも大人気でありますが、正直個人的にはその手のジャンルの放送は何が面白いのかよくわからない。(まあ人気があるんですから、私にはそのツボがわからないだけでしょうけれど)
あんまり10代以下のキッズが集まるような放送には興味がわかないですね。だからツイキャスとかもほとんど見ません。

特に好きでよく見ている配信者さんで横山緑さんて人がいるんですが、その人がちょうど昨日の放送で「この作者は僕のことが大好きで僕をモデルにしてるそうです。覆面被ってインターネットで予告するって、正に僕ですよ。」と自意識過剰な妄想で自慢しておりましたが、その作品がこの映画の原作漫画の『予告犯』でした。

なかなか逮捕されなかったり、処罰されなかったりしながらも野放しになってるような悪人をインターネットで予告して「私刑」する新聞紙の覆面を被った予告犯ことシンブンシ。


一般人視点で私刑を行ってくれることでスカッとする一方、一線を越えた処刑なだけに反感を持つものもいる。
そして、警察も野放しにしておくわけにはいかないと逮捕に向けて躍起になる。
そのシンブンシ一味を追い込んでいくのが戸田恵梨香演じる刑事たちになる。

ただ、違和感があったのはシンブンシはある全国チェーンの漫画喫茶から配信するのですけれど、細工しその放送の拠点をどの支店から放送してるかわからなくさせてるだけという。

まあネット環境をつくることが難しいからこその漫画喫茶利用なわけなんだろうけど、少し細工はしているとはいえなんで簡単にばれそうな方法でアクセスしてるんだろう?という気持ちにはなった。
だからインターネットを使って広い範囲で私刑を繰り返しているようにも見えるけれど、実に狭い印象しか残らない。

また、特に打ち合わせせずのラッキーで逮捕を免れたようなシーンもある。
ちょっと話が逸れますけれど現実のお話になりますが先日、ドローンで騒ぎを起こした少年が逮捕された事件があった。
ドローンの時には観ていなかったが、たまに騒ぎになれば彼の放送を見たことがあった。
警察にはいつも反抗的でおちょくっていて、行為を咎めるものも少なくなかった。

が、そんな彼を金銭面等で支援するものもいた。超越者(笑)と呼ばれている人たちでしたね。
ちょっとそれとは違うがネタバレになるので詳しくは述べませんが、その超越者じゃなくても映画の中でシンブンシを逃走する手助けをしたのはドローン少年のケースで言えば超越者=「囲い」と呼ばれる存在でそれこそ、これまた狭い範囲での宗教みたいなものとも言える。
少し物足りなかったところは生田演じるシンブンシ一味が「勧善懲悪」な存在にほぼ徹していて、「囲い」「信者」の扱いが浅かったところか。もっと掘り下げれば厚みが増したようにも思います。
そうすればダークヒーローならヒーローでそのカリスマ性がもっと表れるようなシーンが生まれたかもしれない。

どれだけ囲いが生まれたかわからない状態では大半はただの野次馬だけで終わってしまうところがなんかもったいない。(実際の多くは私がストリーム配信を見る時のように野次馬であっても)

インターネッツの世界では「必要悪」なるものが求められています。
法律でカバーされていても「なんでそれで守られるの?」とか思っちゃうこともあります。

それだけに架空のお話であってもこのような映画はそれなりにスカッとすることもあるのですが、そして面白かったことも事実ではあります。
が、もしこの一言を述べると映画を観た方からは批判もあるかもしれないが個人的な見方としては「綺麗な終わり方」をさせてしまったのはちょっともったいないか。

予告犯-THE PAIN-』というWOWOWで放送されているドラマ版がこの映画の1年後を舞台にしています。

スカパー!のWOWOWチャンネルに加入しているのでもちろん観ておりますが、今のところちょっと温いところがあるにせよ面白いです。

こちらのドラマ版ではこれ以上にスカッとすることが出来ればいいですね。




・評価:★★★★★★★★★★
     ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
・公式サイト


【関連作品】









横山緑 暗黒放送SP 横山緑にみんな騙された! タイの秘境(卑怯)旅行で全暴露 [DVD]横山緑 暗黒放送SP 横山緑にみんな騙された! タイの秘境(卑怯)旅行で全暴露 [DVD]

Ciffon 2012-10-25
売り上げランキング : 130582

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
昔から私刑もの ありましたよね
痛快ではありますが 引っかかるところもと・・・・・・
ドラマも今のところ快調かと・・・・・・
カズ
2015/06/22 21:35
ドラマ版も今のところ面白いですよね。ただ全5話ってことであと2回しかないのが残念です・・・。
かつを
2015/06/23 08:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
『予告犯』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる