起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『メイズ・ランナー』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/06/02 08:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3部作の1章




画像

<2015.5.22 TOHOシネマズ日本橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:アメリカのベストセラー小説を基に、謎の巨大迷路に放り込まれた若者たちが決死の脱出劇に挑むサスペンス大作の第1弾。さまざまな死のトラップが仕掛けられ、どんどん変化していく巨大な迷路(メイズ)を、知力・体力を駆使して駆け抜ける若者たちの運命、そして迷路に隠された秘密が描かれる。キャストには、『インターンシップ』のディラン・オブライエン、『17歳のエンディングノート』などのカヤ・スコデラーリオらがそろう。

ストーリー:そびえ立つ壁や毎晩変化する構造を持つ謎の巨大迷路に月に1度、自分の名前以外何も覚えていないランナーが送り込まれてくる。やがて団結し始めた彼らは迷路の仕組みを調査し脱出法を見いだそうとするが、迷路の扉が閉まる夜までに帰還しないと命の保証はない。生き残りを懸け巨大迷路に隠された謎を解き明かそうとするランナーたちの運命は……。


アメリカのティーンズ向け映画ってあまり面白くないものが多い。
『トワイライト』だの『ハンガー・ゲーム』だの『ダイバージェント』だの。
でも、この『メイズ・ランナー』はそれらとは違って結構面白かった。わけがわからず巨大迷路の前に連れてこられた青年が主人公という不条理設定が良いのもあるのかもしれないが、可動式の迷路でその迷路の中にもマシーンのクリーチャーがいて、人間を襲うということでただの迷路のお話で終わらないところも〇。

主人公の青年は何者か、最後に送り込まれた女の子は何者か?
なんとなく当たりはつくくらいまでは解明して終わったものの、真相の続きは続編で。

エンドロールの最後に予告が入っておりましたが、設定も1作目とは変わるということでマンネリ化も打破されそうですし、楽しみにしていてよいかもしれません。
公開は年内でしたっけか?(いま調べたら10月でしたね)とにかく楽しみですね。







・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★☆☆☆☆☆ (15)
・公式サイト


【関連作品】(※今回は監督、キャストで関連作品を見つけられなかったので不条理設定映画繋がりで)











1分迷宮 スマートエッグ 魔界EGG1分迷宮 スマートエッグ 魔界EGG

メガハウス 2015-02-26
売り上げランキング : 50946

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『メイズ・ランナー』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる