起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ストレイヤーズ・クロニクル』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/07/02 23:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

今季ワースト1候補かも。




画像

<2015.6.27 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:本多孝好のベストセラー小説を実写化したアクション。極秘実験で視力・聴力・筋力などが常人よりも発達した青年が、謎の殺りく者集団との激闘を繰り広げながら自身の秘められた宿命と対峙(たいじ)する。メガホンを取るのは、『へヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久。『悪人』などの岡田将生と『寄生獣』などの染谷将太が、導かれるように激突する異能力者たちを快演。その脇を、成海璃子、豊原功補、石橋蓮司、伊原剛志らが固める。スリリングなストーリーに加え、岡田が繰り出す体を張った渾身(こんしん)の見せ場にも熱くなる。

ストーリー:1990年代初頭、極秘実験によって人間の能力を限界まで発達させた子供たち、動物や昆虫の能力を備えた子供たちが生み出される。それから20年後、実験で視覚、視神経、脳伝達速度が発達し異能力者となった昴(岡田将生)とその仲間たちは、特殊能力を得た代わりに精神が崩壊する危険性も抱えることに。そして、その解決の鍵を握る外務副大臣・渡瀬(伊原剛志)のもとで、公にできないさまざまなミッションを遂行していた。そんな中、同じ異能力者である学(染谷将太)が率いる暗殺者集団アゲハが渡瀬をターゲットに定めていて……。


パスポート使っての2作目の鑑賞作品です。

うーん、一言で言うと「糞映画」です。

よく言われる邦画・・・日本のTV局が絡んでの製作委員会方式で作るような大衆向け映画の悪いところが出ている映画かなと。
超能力者のバトル映画ってのはよくあって、それは面白いものも多く素材は面白そうな雰囲気あったんですけれどもねえ・・・。
なんでこうもなのか。


結構オチネタバレにもつながるかもしれないので楽しみにしてる人はここらで閉じてください







さて、

生まれた後に脳内ホルモンなどを操作し人間の限界を超えるように作られた昴(すばる)一派と遺伝子の段階で他の生物の特殊能力をもつ人間にされた学(まなぶ)一派。

昴たちは学の捕獲を外務副大臣・渡瀬に命じられるわけですが、何故に渡瀬に従うのかというと彼ら超能力者(特殊能力なんたらのジャンル分けがめんどくさいので以後この表現で)は20歳くらいで亡くなる運命にあるらしいんだけど、渡瀬なら延命の方法を知ってるだろうからとりあえず彼に媚びておけってことです。

敵側の理由ならともかくこれが主人公側の理由ってのもなんか情けないっすね(苦笑)

その捕獲理由ってのも学くんは死ぬと人類の8割が死滅するウィルスを屁のように放つらしいのですが、いずれそうなる運命なら早くその時を迎えて残り2割の生存に人類の進化を賭けるとかなんとかバカみたいなことが理由なんですが、殺すことが目的なのになんで生け捕りにするの?どこか殺す場所みたいのを決めてやりたかったの?
捕獲したいのになんで廃墟で手下に銃撃戦させるの?実際、弾当たって死にかけてるし(笑)

まあ渡瀬が気が狂って意味不明(本当に意味がわからん)の捕獲作戦に出たということにしてもだ。

結果的に学くんが死ねば8割のウィルスが射出されるらしいんだけど、学くん自身が「あ、俺を焼き殺せばウィルス拡散しねーからw」と最後の最後に言う始末(苦笑)

せっかくの超能力バトルものなのに各個人の能力がよくわからん。
昆虫や動物の能力を持つように作ったのなら『テラフォーマーズ』のようにその説明を入れてくれればいいのにセクシーな姉ちゃんは雑魚にキスすれば相手が骨抜きになる能力があって、なんだこれ?と思ったら後々各所の感想を読むとキスで毒注入とからしいですね。
鋼鉄の体を持つ能力のある兄ちゃんはなんかしらんが急にその効力がなくなり相手の攻撃を受けて絶命するし、口から鋼鉄のタンつばを吐きだす派手な姉ちゃんも勝手にひょっこり出てきて打たれ死ぬし(笑)
ところで彼らの能力ってなんの動物がモデルなの?

一番わからなかったのが学一派の中で若いJKがいて、彼女だけ妊娠できるからだらしくて「子供を作って俺らみたいな存在を語り継いでほしい。だから彼女が俺らの希望だ」とか意味わかんねえ浅い理由で妙に庇われてる子がおるんですが、>彼女の能力ってなんだったの???子作りが能力とかなの?(笑)

あと、ここのところ売れ出してる男女混合バンドのゲスの極み乙女。の「ロマンスがありあまる」が主題歌なのですが、そのJKに隣の部屋の男子大学生がリンゴのおすそ分けをして近づこうとして失敗した時のBGMがそのゲスの曲で「ありあま〜る♪」リンゴがありあまってるからですか?そうですか?
ゲスの曲は私もまあまあ好きですけど、こんな意味もないところで大音量でかけられても・・・。


ここまでの突っ込みをみて「こいつ何書いてんだ?w」と思われるかもしれませんが、私もよくわかりません。
そのわけわからない映画が本作なんですから。


とりあえず、「20歳前後くらいまでしか生き残れないと言われてる超能力者たちが生き延びたい話」ってことは間違いないんですが、それにまつわるあらゆるエピソードがまとまってなくて、説明もかなり不足していて不親切で

エンドロールではその妊娠能力のJKと隣の大学生が数年後?再開するシーンがあるのですが、けしてそこで彼らが結ばれるという演出でもなくて・・・なんじゃこりゃと。


みんなで突っ込みながら見れば面白いのかもしれないけれど、100人が見て99人くらいは糞映画認定する映画だと思いますので、これから見る人はそのつもりで。




・評価:★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (1)
・公式サイト

【関連作品】








青森県産りんご 訳あり ふじ 5K(16~20玉入)*送料込*青森県産りんご 訳あり ふじ 5K(16~20玉入)*送料込*

キタエアップル株式会社
売り上げランキング : 1211

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
その糞映画を面白そうだと 見に行ったんですよね・・・・
まとまらない作品ですよね
本当に意味わからないしね 穴だらけですよね
もう少し 脚本練ってから作品にしないとね・・・・・
カズ
2015/07/04 21:40
まああれですよ。糞映画は見れば「ネタ」になります。
そうでもしないと行った甲斐がありません・・・。
かつを
2015/07/04 22:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ストレイヤーズ・クロニクル』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる