起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『リアル鬼ごっこ(2015年)』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/08/05 08:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

トリンドルのPチラ盛りだくさん




画像

<2014.7.11 TOHOシネマズ 流山おおたかの森 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:人気小説家山田悠介の原作で何度も映像化されている題材で、『愛のむきだし』『ヒミズ』などの鬼才・園子温がオリジナル作品として監督を務めた問題作。殺人のターゲットを全国の女子高生とし、女子高生が次々と殺される中、3人のヒロインが阿鼻(あび)叫喚の様相で逃げ惑う姿を描く。出演は、トリンドル玲奈、元AKB48の篠田麻里子、真野恵里菜。過剰でグロテスクな演出と、園監督の手腕により見いだされる女優たちの新たな魅力に注目。

ストーリー:女子高生のミツコ(トリンドル玲奈)は、何者かに追われ、ふと気が付くと学校の教室にたどり着いていた。一方、ケイコ(篠田麻里子)は知らない女性にウエディングドレスに着替えさせられ、何者かに追われる。そして陸上部のいづみ(真野恵里菜)も迫りくる恐怖と対峙(たいじ)することとなり……。



シネマパスポートでは16作目の作品鑑賞。です。


簡素に感想。

みんな!エスパーだよ!』の映画版公開が控える園子温監督の今年3作目の公開作品!
そのエスパー!はご存知のように(知らない人も多いか?)パンチラなどのソフトエロが盛りだくさんの連続ドラマだったんですけれど、そのノリよろしくのソフトエロと切り株のグロチックな作風がmixされたような奇抜な作品です。
私は普通に可愛い女の子好きですから、ソフトであってもパンチラ連続は嫌じゃないですけどね。悲しい男の性(サガ)ですね・・・。


原作などはもちろん知りませんので原作との整合性については知りません。
だからタイトルの「鬼ごっこ」と言われると何が鬼ごっこなのかはよくわかりません。
ラブライブ』みたいに登場人物はほぼ女性ばっかりなのも理由がわかりません。

でも、巻き込まれる形でトリンドルちゃんが必死に「何か」から逃げまくり、途中でビジュアルが篠田麻里子、真野恵里菜に変わるところもありますが(なんで変わるかはネタバレ回避で伏せますが)、まあそもそもオープニングがバスごと切り裂く切り株スタートなわけで、そんなスタートで始まる映画に「理屈」を求めてしまうのも野暮かな?なんて思てしまいます。

もちろん、理屈を求めるのが悪いのではなく、そういう観点でつまらないという烙印を押してもOKだと思います。
人の感想ですからね。ただ、適当に楽しむ程度がちょうどいいと最初から告示されているようなもんなのでそのスタイルで楽しんでいけたらいいのかなって思います。

まあ欲を言えばもっとエロくてもっとグロくてよかったようにも思いますけれど、なかなか大人の事情で難しいのかな?(笑)






・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★☆☆☆☆☆☆☆ (13)
公式サイト


【関連作品】










ラブライブ!μ’s Go→Go! LoveLive! 2015~Dream Sensation!~ Blu-ray Day1ラブライブ!μ’s Go→Go! LoveLive! 2015~Dream Sensation!~ Blu-ray Day1
μ’s

ランティス 2015-09-30
売り上げランキング : 588

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
恐ろしい破壊力の風 不気味でした
シュールレアリズムチックにまとめられてます
売れっ子の斎藤工さんが最後に登場
理屈を考えずに 楽しみました
エロ グロはもう少し欲しかったですね
カズ
2015/08/08 22:29
園子温監督ですからね。エロ、グロの強烈さあってこそのものだと思いますがもっと欲しかったですよね。
まあ、トリンドルや篠田、星野に濡れ場やらすわけにもいかずここが精いっぱいなのかもしれませんが・・・w
かつを
2015/08/10 08:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
『リアル鬼ごっこ(2015年)』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる