起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『HERO(2015年)』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/08/06 12:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

北川景子が出ている第二期『HERO』はあんまり記憶に残ってない・・・




画像

<2015.7.20 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:木村拓哉主演によるヒットドラマの劇場版第2弾。個性的な検事・久利生公平が、某国大使館の関与が疑われる女性不審死の真相解明に挑んでいく。監督に「HERO」シリーズの演出を担当してきた鈴木雅之、キャストには木村をはじめ、『ルームメイト』などの北川景子、『告白』などの松たか子とシリーズを支えてきた面々が結集。久利生と対峙(たいじ)する外務省官僚役で、佐藤浩市が共演する。胸のすくような久利生の活躍に加え、外交問題も立ちはだかるスケールの大きい物語も見どころ。

ストーリー:パーティーコンパニオンの女性が、ネウストリア公国大使館付近の路上で交通事故に遭い死亡する事故が発生。捜査にあたる東京地検城西支部の久利生公平検事(木村拓哉)と事務官の麻木千佳(北川景子)は、大使館と事故は関係があるのではないかと考える。事故当時の状況を大使館員から聞こうとするが、大使館には日本の司法が及ばない治外法権があることから捜査は一向に進まない。諦めずに大使館に詰め寄る久利生だが、それが日本とネウストリア公国の外交にも影響を与え、外務省からの圧力も受けるようになり……。



シネマパスポートでは 21 作目の作品鑑賞。です。

前回の映画版はもう8年前だったんですね。
ちゃんと映画館で観ていて感想文も見つけまして、「ああそうそう韓流(苦笑)をフジがゴリ押ししていてその影響で韓国にまで出向いたんだっけか・・・」と読みながら少しだけ思い出しました。

ドラマは有名な松たか子の出ていた1期、北川景子が出ていた2期とありますが、北川さんが出ていた時のは2014年版、つまり去年のは見てなかったですね。
(でも、北川景子が元ヤンとばれるエピソードは見てたので、ポツポツと見てたのかもしれません)
まあでも、映画版だったり、昔のSPドラマ版などはたぶん見ていたと思うのでまあ、なんとなく大丈夫だろうというノリで鑑賞。


たぶん、去年のドラマ版の延長で撮影もスタートさせたのでしょう。去年のドラマ版のキャストは勢揃いし、そこにHEROという作品の軸になる松たか子も参加しての本作ということです。

まあ、毎度毎度同じような東京地検城西支部の検事さんたちばかりですが、それが逆に言うと安定していてよかったです。

しかしまあフジテレビの映画ってなんでこういつもワンパターンなんだろうか。
お堅いお役人などが敵でそこの城壁をどうやって突破するかとかそんな映画が多いような。

まあでも、それこそ先ほど言った「安定」なんですけどね。
他の映画ならイラッとするけど「HERO」なら許せちゃうというか。


まあ、そんなとこです。







・評価:★★★★★★★★★★
     ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
・公式サイト


【関連作品】









世界でいちばんユニークなニッポンだからできること 〜僕らの文化外交宣言〜世界でいちばんユニークなニッポンだからできること 〜僕らの文化外交宣言〜
櫻井孝昌 上坂すみれ

パルコ 2013-11-01
売り上げランキング : 383798

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
娘の運動会のBGMが本作のOP使っているんですよ。
歌なしテーマで印象的なのって最近はこれ位?
随所に笑いも挟み、分かり易い流れで娘と鑑賞しました。
1つだけ辛口言えばラストの海外ロケは不要かなーと…。
久利生と雨宮の別れをもう少し長くして終了の方が良いかな。
でも続きがもし有ればまた観ますけどね。
ぱたた
2015/08/10 09:41
最後の海外旅行は打ち上げも兼ねている撮影なのかなーと嫌らしく勘繰ってしまいました(苦笑)
まあ私も次回作があればなんだかんだで観てしまいますが、一つステップアップするものも欲しかった気もしますね。
かつを
2015/08/11 08:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
『HERO(2015年)』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる