起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『S −最後の警官− 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/09/08 09:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

フジテレビが作りそうなTBSの映画




画像

<2015.8.29 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:小森陽一の漫画を基に、向井理と綾野剛が共演を果たしたポリスアクションドラマの劇場版。今回は海上を舞台に、日本の治安維持のために尽力するSAT(警視庁特殊部隊)、SIT(警視庁特殊犯捜査係)、NPS(警察庁特殊急襲捜査班)の奮闘を描く。向井や綾野をはじめ、新垣結衣、吹石一恵、土屋アンナ、高嶋政宏らおなじみのメンバーが再集結。ドラマよりさらにパワーアップした主人公たちの活躍はもとより、予測不能の展開なども見どころ。

ストーリー:既存のSATとSIT双方の特徴を併せ持ち、NPSこと警察庁特殊急襲捜査班が3番目の“S”として新たに設立される。生死を問わず犯人を制圧する方法ではなく、生かしたまま身柄を確保するというポリシーを掲げた彼らの存在は世間の注目の的だった。そんなある日、何者かによる立てこもり事件が起こり、NPSの神御蔵一號(向井理)らは現場に駆け付ける。さらに太平洋沖にて輸送船が乗っ取られる事件まで発生し……。



今年2度目のシネマパスポート・3作目の作品鑑賞。です。

シネマパスポートってのは当日朝早く行って引き換えしないといい席は取れない。
ってことで、朝一で行き9:45の回を確保。しかし、時間があるのでそれまで既に観ていた別の映画を観て時間をつぶしました(笑)

このTVドラマ版は観ていなかったんですけれど、映画公開に合わせスカパーのTBSチャンネルで一挙放送されていたので、それを録画し鑑賞。
全10話くらいのラスト2、3話くらいで新垣結衣ちゃんが登場したのも恐らく映画版のための布石ってところでしょうかね?

まあ、そんなわけで『S』の映画版なわけですが、先ほど書いたようにドラマシリーズも一応予習は済ませておいたのですが、まあこのドラマ版も正直あんまり好きじゃないですね(苦笑)
主人公がバカ直球熱血マジメな性格でどんな凶悪犯でも殺さず生かして捕獲!そして、そんな性格と愛する人が殺された場合その犯人でも殺さないのかというところに心の葛藤がテーマでもあったわけですけれどもね。

この主人公、一號(向井理)のこんな性格にもうイライラしっぱなしでしたが。映画版でもそんなイライラさせる性格は変わらず(笑)

今回は犯人が国外へプルトニウムを運ぶタンカーをハイジャックし、玉砕覚悟で東京に突っ込み、爆破させ核パニックを引き起こそうとする脅迫をしてくるのですが、犯人側が地上で海上保安庁特殊警備隊SSTの隊長の子供の送迎バスをバスジャックもする。
それは犯人側のリーダー正木の仕組んだことであったのですが、すぐにシージャックに対応してくるであろう部隊の隊長の動揺を誘う目的もあったのですが、なんか小面倒くさいことをやっていた印象が(苦笑)
新垣結衣ちゃん演じるイルマちゃんが犯人狙撃の際に誤射で隊長の子供を撃ってしまうことになるのですが、それがやりたかっただけなんじゃ・・・と思ってしまう。

いろいろとスケールを大きくして、また盛り上げどころを満載にしたかったのかもしれないけれど、詰め込みしすぎてどうも注意が散漫にさせられてしまう。
各省庁のトップをジャックしたタンカーに連れてこいという要求をも出しますが、それにホイホイ応じてしまうということもなんかマヌケだし、いろいろと残念なところが。
先日観た『アンフェア』の劇場版(後日感想文書きます)・・・よくあるフジテレビの映画などもそうですが、テレビ局のドラマ版の映画化したものってどうしても警察、役人のトップの不敗。大事件。現場の人間は融通効かない上の指示でいらだってる。ここらへんが常にセットになっていてるもんばっかりなような気がします。

古橋という交渉人(?)だけでもじっくり作れば画になるとおもうんですけれどもね。
どうもこうも派手にしたいがためにせっかくの設定も適当な演出になってしまうという。
原作は知りませんが、原作通りっていうことなら仕方ないのかもしれませんけれどもね。






・評価:★★★★★★☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (6)
・公式サイト


【関連作品】









戦慄!プルトニウム人間 [DVD]戦慄!プルトニウム人間 [DVD]

ランコーポレーション 2012-01-25
売り上げランキング : 46352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
テレビドラマから映画に移行ということで
やることをでっかくして派手にやろうと・・・・
それでコケた印象ですよね・・・・
タンカーで東京湾に突っ込むって話 テロでは結構定番化してるような・・・・
カズ
2015/09/13 17:55
初日の集客も悪かったですからねぇ・・・。
まあテレビ映画はテレビシリーズ見てないとダメかなという気持ちにもなるので視聴率取れてないドラマだと足は運びませんよね。
ドラマの視聴率がどれくらいかは存じませんが・・・w
かつを
2015/09/14 08:34
3年程前に、ホステル3にコメントさせて頂いたゆみです。
久しぶりにホステル1と2を見ていたら、かつをさんのブログを思い出して来てしまいました。
S、劇場に見に行く予定でしたので参考になりました。
Sの話ではないですが、やはりホステル1、2は最高傑作です!
ゆみ
2015/09/20 02:37
>ゆみさん
こんばんわ。コメントありがとうございます!
参考になるのかわかりませんが、今後ともぜひよろしくお願いします!


hostel1、2は私も面白いと思います。イーライ・ロスの最新作品が待ち望まれますね
かつを
2015/09/22 20:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
『S −最後の警官− 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる