起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アントマン』 を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/10/13 08:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ミクロマン




画像

<2015.9.20 TOHOシネマズ 流山おおたかの森 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:マーベルコミックスの人気キャラクターを主人公にしたアクション。体長1.5センチになれる特殊スーツを着用した男が、正義の味方アントマンとなって悪に挑む。メガホンを取るのは、『チアーズ!』などのペイトン・リード。『ウォールフラワー』などのポール・ラッド、名優マイケル・ダグラス、『ホビット』シリーズなどのエヴァンジェリン・リリーらが出演している。小さな体を生かしながら、強大な悪を倒していくアントマンの姿は痛快。

ストーリー:仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング(ポール・ラッド)。別れた妻が引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っぷちに立たされた彼のもとにある仕事が舞い込んでくる。それは肉体をわずか1.5センチに縮小できる特殊なスーツをまとい、正義の味方アントマンになるというものだった。スーツを着用した彼は、ヒーローとして活躍するために過酷なトレーニングを重ねていくが……。



今年2度目のシネマパスポート・19作目の作品鑑賞。です。


簡単に。

アメコミヒーローものの映画ってのは大作アクションでそこそこ面白い映画はありますが、どうも爽快にまでつながるような面白さはないものが多いがこの作品は面白かった。

小さいアクションヒーローという視点も面白いが小さくなればなるなりにコメディ要素にも溢れていて面白い。
主人公がヒーローになるにあたり、盗みを働いてそこからヒーローになるという異色っぷりも面白い。

一応、アメコミらしくラスボスなるものも存在はするけれども、この映画に関してはなんとなく同じようにミクロサイズのラスボスというかライバル的な存在はいらなかったかもしれないなというくらい面白かった。

小さくなる敵を出したらそこではせっかくの小さくなる設定が生きなくなるように思うんですよね。
まあでも、活躍する一方でも物語に締りがでてこないか。


そんなわけでそこそこ面白いです。






・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★★☆☆☆☆ (16)
・公式サイト


【関連作品】








ミクロマン マグネパワーズ メタリックスペシャルミクロマン マグネパワーズ メタリックスペシャル

タカラトミー
売り上げランキング : 67702

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『アントマン』 を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる