起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『GONIN サーガ』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/10/18 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フリーパス利用終了!今年2回目で今回も22作品でした。




画像

<2015.9.26 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『花と蛇』シリーズや、『甘い鞭』などの鬼才・石井隆監督が放つ、人気アクション『GONIN』シリーズの第3弾。ある5人組が起こした暴力団からの現金強奪事件の19年後を舞台に、その事件に深い因縁を持つ者たちが新たな戦いを繰り広げていく。テレビドラマ「ごちそうさん」などの東出昌大、『黄金を抱いて翔べ』などの桐谷健太をはじめ、土屋アンナ、柄本佑、安藤政信らが集結。濃密なストーリー展開に加え、鮮烈なバイオレンス描写も必見。

ストーリー:1995年。多額の借金を抱えた万代をはじめとする5人組が、指定暴力団五誠会系大越組を襲撃して現金強奪に成功する。だが、大越組がヒットマンを放ったことにより事件は激化。関与する者たちは命を落とし、大越組も解散した。2014年。五誠会は3代目・誠司(安藤政信)に引き入れられて勢力を拡大。そんな中、大越組幹部を父に持つ久松(東出昌大)と大輔(桐谷健太)、五誠会に囲われている麻美(土屋アンナ)、19年前の事件を調査しているルポライターの森澤(柄本佑)が出会ったことにより……。



今年2度目のシネマパスポート・22作目の作品鑑賞。です。
(※今回0はこれでフリーパス使用終了) 1回目同様22作品でした。
実家に帰った時に進撃とかフリパで見ていれば23行ってたんでしょうけど、実家近くのMOVIXで有料で見たので今回も22どまりでした。

さて、簡単に。

前作もそうですがGONIN「5人」といいつつ、この5人は別に1つのグループが5人グループとかそういうことじゃなくて、どこからどこまでが5人なんですか?という線引きが微妙なところであったりします(苦笑)

正当な続編であり、登場人物の何人かは19年前の前作の登場人物の息子だったりするわけです。
そして、父親の敵であったり、19年前の銃撃戦の真相を探るものだったり。

有名な前作を素材にした石井隆監督の得意な都会の夜、夜景を巻き込んだロマン・ノワールとしての独特なタッチでその魅惑な演出に入り込んでしまう。
ただ、物足りなさがあるとすれが「エロ」かなぁ・・・。ここは石井監督らしくないよね。(苦笑)

運命に翻弄される若者たちの物語はそれなりに面白く見られたが、テリー伊藤の裏社会の実力者のキャスティングだけは失敗したんじゃないだろうか。
『あおげば尊し』の演技は良かったが、この役は迫力に欠けて残念。合う、合わない役ってのはあるんでしょうな。

ただその代わり、桐谷健太、安藤政信らの狂気迫る演技や土屋アンナ、井上晴美らの女性陣も彼らに負けじと迫力ある演出に成功している。
それだけにテリー伊藤は惜しいかなぁ・・・。

石井隆にしてはエロがほとんど無いのが大変残念ではあるが、その他の石井隆的な要素には満ちている一作だと思いますので、前作を観ている人は是非!



・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★☆☆☆☆☆☆☆ (13)
・公式サイト


【関連作品】











堕落劇場 アイドルはこうして犯される つぼみ [DVD]堕落劇場 アイドルはこうして犯される つぼみ [DVD]

MAXING 2014-10-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『GONIN サーガ』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる