起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/10/07 08:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

簡単に簡単に。




画像

<2015.9.15 TOHOシネマズシャンテ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:名門少年合唱団に入団した問題児が、厳格なベテラン指導者の導きにより歌う喜びを見いだし、成長していく人間ドラマ。監督は、『レッド・バイオリン』などのフランソワ・ジラール。天性の美声を持つ少年役には、本作が初の長編映画出演となるギャレット・ウェアリング、その才能を開花させる合唱団団長を名優ダスティン・ホフマンが熱演。さらにオスカー女優キャシー・ベイツ、エミー賞受賞経験のあるエディ・イザードら実力派が脇を固める。

ストーリー:名門少年合唱団を有する私立学校に入学した問題児のステット(ギャレット・ウェアリング)は、厳格な合唱団団長カーヴェル(ダスティン・ホフマン)に天性の美声を見いだされる。才能を認められず指導者の道を歩んだ過去を持つカーヴェルは、ステットを厳しく指導する。楽譜も読めず同級生たちからいじめられるステットだったが、やがてカーヴェルの指導により歌う喜びに目覚めていく。



今年2度目のシネマパスポート・17作目の作品鑑賞。です。


簡単に。

身寄りのない問題児が預けられた音楽学校の寄宿舎でポテンシャルを開花させ、合唱隊のエースになるも、それに嫉妬した元エースがその問題児を潰しにかかり・・・という話。

まあ、メガネの元エースがその問題児あがりのエースを潰すやり方が汚すぎてわろた(苦笑)
それに怒ってあることをした問題児のステットを退学にするかどうか教師間で話し合われたけど、普通にメガネの不細工な元エースの子供も一緒に処分対象で最初から話し合われなきゃいけないところでしょうに。

まあそんなこんなで紆余曲折あった少年の成長物語ですが、その成長が行き過ぎたところで終わります。
ハッピーエンドで終わってくれたのはよかったのかな。






・評価:★★★★★★★★★★
     ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)
・公式サイト


【関連作品】








ウィーン少年合唱団 他 - 宗教合唱曲集 100MASTERPIECES[5CD]ウィーン少年合唱団 他 - 宗教合唱曲集 100MASTERPIECES[5CD]
Altenburg Boys Choir

Capriccio 2013-03-14
売り上げランキング : 18917

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる