起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『パパが遺した物語』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/10/08 08:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

劇中のサプライズでバーガーショップ店員の歌う「Happy Birthday」が身にしみた




画像

<2015.10.5 イオンシネマ市川妙典 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『レ・ミゼラブル』のラッセル・クロウとアマンダ・セイフライドが共演し、小説家の父親と愛する娘との関係を過去と現在を交錯させながら描いたドラマ。心に傷を負いながらも娘との生活を立て直そうとする父の葛藤と、トラウマを抱える娘の姿をつづる。監督は、『幸せのちから』などのガブリエレ・ムッチーノ。ダイアン・クルーガーやオクタヴィア・スペンサーといった実力派キャストが出演。孤独なヒロインの苦悩と父との絆に心を打たれる。

ストーリー:1989年のニューヨーク。小説家のジェイク(ラッセル・クロウ)は妻の死で心に傷を抱えながら、男手一つで幼い娘ケイティ(カイリー・ロジャーズ)を育てていた。さまざまな問題が降り掛かる中で、彼は自分と娘の物語の執筆を進めていた。25年後、心理学を学ぶケイティ(アマンダ・セイフライド)は、ある出来事により人を愛せなくなってしまっていた。そんなある日、父のファンだというキャメロン(アーロン・ポール)と出会う。


家から歩いて5分、最寄駅からは1分程度で行ける映画館のイオン妙典ですが、TOHOのシネマパスポートを使ってたこともあり8/9の仮面ライダー映画を見て以来の2ヵ月ぶりのイオン妙典でした。

いやあ、10/5は私の40うん回目の誕生日だったんですが、惨めで寂しい僕はなんの予定もなく。。。
まあでも、記念日には違いないので暇だしじゃあなんか映画でも・・・ということでせっかくなら身近なTOHOでの上映が無い作品をと思いこの映画を見てきました。

そしたらですよ、劇中で娘の幼女時代のケイティちゃんの誕生日をファーストフード店で祝うパパが店員に事前にお願いしたのでしょうサプライズでハッピバースデーの合唱をしてくれるシーンがあるわけですよ。
僕の誕生日を祝ってくれたのは、友達のそっこさんとこの劇中のバーガー店員だけでしたよ(苦笑)

まあ、いい歳こいてるので年々喜び度が薄れるそのイベントはそのへんでさておき、映画です。映画。

夫婦喧嘩の流れで事故死したママ。事故の後遺症で突然、痙攣を起こす病を抱えたそこそこ有名な作家であるパパ(映画では精神的なもので痙攣が起こるみたいなこと言われてたけど・・・たぶんそこは違うよね?)。そんな両親を持つ娘のケイティ。

精神的にも誰がどうみても病んでるので、精神病院に入る間、ケイティはママのお姉さん(伯母)のところに預けられる。

そして7か月後、病院を退院して早速ケイティを迎えに行くパパだが・・・という流れです。

そして、この作品はパパの視点はもちろんもう1つの視点がありそれが成長した娘・ケイティの視点です。
孤児のケースワーカーをしているのですけれど、どこか心に隙間があり、きっと父親が生きていたら嘆き悲しむであろうその隙間を埋めるようにただのヤリマンになってしまっていました。

まあ、邦題で「遺し」とあるのだからパパは亡くなってることはわかるのです。そして、それが娘との想い出を題材にした小説「father & daughter(映画の原題もこれです)」であることもわかってきます。

そんなヤリマンケイティもそんな遺してくれた小説のファンの青年がケイティに寄ってきてすぐいい感じになりますが、後々そんな彼さえも裏切って自分で自分を陥れてしまう。
このあたりのメンヘラっぷりはパッパ譲りなのかもしれませんね。

そりゃ子供の頃に伯母との間で親権で揉められたり、ママが目の前で事故で死んだり、パパがヒット作品を出せなくて世間で叩かれそして死んだり、そんな中で幼少期生きていれば歪むかな(苦笑)

そんな大人ケイティと幼女ケイティの場面が交互に入れ替わるのですが、その試みは面白くても何か1つ、その2つの時間をリンクさせるものでもあればいいのにそうでもないのでケイティという同一人物を観てるわけですが、ケイティという人物だけで繋がりが他に余り感じられないのがもったいない。

パパも浮気を疑われて口論中に車の運転を誤ってママを事故死させ、自分も障害を持つことになったり、ケイティちゃんは心理学を勉強しながらも恋人の心理をまるでわかってないという、一見可哀想な風で同情できないというところもあるので泣くに泣けないですね(苦笑)


まあ、パパにしろケイティにしろメンヘラはめんどくさいってことで。
雰囲気的に、泣かせてくれる映画かなと思ったのに泣けなかったのは本当に残念。




・評価:★★★★★★★★★★
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (10)
・公式サイト


【関連作品】









やりまん やりまん "狂乱" 敏感タイプ

SSI JAPAN 2014-06-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
遅れましたがお誕生日おめでとうございます!
エア乾杯〜♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
その内ホントに乾杯したいですね!

さて本作、娘がいる私には上画像だけでもグッときましたが、
どうやらその雰囲気と内容違うみたいですね。
恐らく遅延上映と思われますが、気負わず鑑賞予定です。
ぱたた
2015/10/09 09:35
お世辞にも「綺麗」な家族のドラマとは言い難いですかね。最初からその構えさえ出来れば問題岳見れると思うので機会があればぜひ!
かつを
2015/10/09 10:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
『パパが遺した物語』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる