起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/12/25 13:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今年2度目の1人ボッチ鑑賞となりました




画像

<2015.12.24 イオンシネマ市川妙典 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:1990年の放送開始以来、絶大な人気を誇り続けている、さくらももこのコミックを基にした人気テレビアニメの劇場版。世界各国から日本にやって来た子供たちとまる子たちのエピソードや、地元である静岡県から大阪・京都旅行に向かう物語が展開する。本作のテレビシリーズのほか、テレビアニメ「南国少年パプワくん」などの高木淳が監督を務め、さくらももこが脚本を担当する。訪日した少年少女たちのユニークなキャラクターや、彼らとまる子が育む、国境、文化、言語を超えた絆をめぐる感動のドラマに注目。

ストーリー:まる子が暮らしている静岡県清水に、世界5か国の子供たちが訪れる。言葉も違えば、考え方も違う個性的な彼らに、まる子をはじめとするクラスメートは興味津々。その後イタリア人少年のホームステイ先がまる子の家に決まり、家族は大慌て。さらにまる子は、少年からのある一言に驚いてしまう。そして、彼らとまる子たちは、大阪・京都旅行に出ることに。生まれて初めて訪れる町の風景に胸をときめかせる一行だったが……。


ボッチ鑑賞。。。そりゃそうですよね。
何が楽しくてみんなが楽しんでるクリスマスイブにちびまるこの映画なんか行く奴いるんかって話ですよね。
まあ、ここにいますけどね。
(ちなみに今年1度目のボッチは「キャノンレース」

前日に福山のライブを一緒に観に行った同じ歳の男友達も「大人になるとあんまりクリスマスとか意識しなくなるよね〜」と彼女持ちながら、きっと私を気遣ってそういってくれたのかもしれないけれど、もう40も越えると人生諦めてるからかもしれないけれど、強がりじゃなく本当にあんまり意識しなくなってるところはあるんですよね。なんていうか、若い時にはガツガツしてたものがパッタリ無くなってるというか。
でも、まあきっとたぶん彼女とかいたらその「人生の諦め」も無くなるのかもしれませんけど・・・(苦笑)

ということで、人がいない日にちを狙ったわけじゃないんですけれど個人的に年内公開の映画は年内に鑑賞させておきたいというマイルールがあるためにとりあえず見てきたってとこですね。どうせ暇だし(笑)

ってことで貸し切り状態でちびまる子ちゃんの映画を見てきました。
サザエさんと同様に一般的な大人の人でも楽しめる国民的アニメってことで、予習も何も必要ないのは助かりますね。


話は花輪くんちにホームステイしてきた外人の子供6人を、ゴージャスな花輪家でもてなしてたら外人子たちが希望している日本を味わえないってことで、クラスメイトに頼んで10日居候させることに。
そんで、イケメンイタリア人が「まるこ」というお爺ちゃんと同じあだ名をもつまる子の家にお世話になり、交流を深める中で、亡くなったお爺ちゃんがお世話になった居酒屋さんに挨拶に行きたいと思うが、手掛かりがなくて・・・というお話です。

無難でいいお話でした。TVCMスポットのように涙は全く出ませんでしたけど。
イタリア人のアンドレアの声を当ててるのは『監獄学園』の実写ドラマ版でキヨシをやってた中川大志って若手の俳優さんだったんですね。調べたらまだ17歳とか!!!・・・・。今後の活躍を期待したいです。

で、外人の子たちのアフレコをしたゲスト声優(ちょい声をあててる人は除く)には他に劇団ひとり、パパイヤ鈴木、渡辺直美、ローラといたのだけれど、ローラだけは声作らず地声でわかりやすかったかな(苦笑)

いつも足をひっぱるお爺ちゃんが頼もしく、行動力もあって大活躍するようなお話です。
ちびまる子ちゃんのお爺ちゃんが好きな人は是非、劇場へ行きましょう!




・評価:★★★★★★★★★★
     ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)
・公式サイト


【関連作品】








【業務用】 ステンレス製 栓抜 C-7154【業務用】 ステンレス製 栓抜 C-7154

パール金属
売り上げランキング : 22904

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる