起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『クリード チャンプを継ぐ男』を観てきました。

<<   作成日時 : 2015/12/27 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2015年劇場公開作品、年内”劇場”鑑賞投了:160本




画像

<2015.12.25 TOHOシネマズ日本橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:シルヴェスター・スタローンが演じた『ロッキー』シリーズのロッキーが、ライバルのアポロ・クリードの息子と再びボクシングの世界に身を投じるさまを活写した話題作。アポロの息子アドニスが、トレーナーとなったロッキーのもとでボクサーとして成長する姿を見つめる。メガホンを取るのは、『フルートベール駅で』で注目を浴びたライアン・クーグラー。スタローンと『フルートベール駅で』などのマイケル・B・ジョーダンが、師弟となるロッキーとアドニスにふんする。熱いドラマはもちろん、ボクシングシーンも必見。

ストーリー:ボクシングのヘビー級チャンピオンであったアポロ・クリードの息子、アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)。さまざまな伝説を残したアポロだが、彼が亡くなった後に生まれたためにアドニスはそうした偉業を知らない上に、父との思い出もなかった。それでもアドニスには、アポロから受け継いだボクシングの才能があった。そして父のライバルで親友だったロッキー(シルヴェスター・スタローン)を訪ねてトレーナーになってほしいと申し出る。



年の最後の最後にいい作品を観ましたよ。

世間では『スター・ウォーズ』の7作目が大騒ぎされておりますが、私はどちらかというと『ロッキー』の7作目を強く推したいです。
噛ませ犬としてアポロとの対戦相手を幸運にも掴んでそこで好試合を演じて、名前を上げたのがロッキー・バルボア。
そこから、アポロとの再戦、クラバー・ラング、ドラゴ、ディクソンなどと戦いそして拳を交えることでわかりあってきた。

もうほぼ隠居生活を送っていたロッキーの元にやってきたのが、ライバルから親友になった故アポロの息子であるアドニス。そのアドニスにボクシングを教えてほしいとロッキーは頼まれるのだが・・という話なんだけれども、1作目から『ロッキー』を追っている人にとってはこの展開は実に感慨深いんじゃないでしょうか。

自分がかつて育ててくれた名トレーナーのミッキーと同じ立場になって若い才能を見つめ、そして育てる。
そこに夢や希望に見たものを見出し、アドニスが頑張ることで自分も励まされているという。
色々なものを過去の自身や恩師に重ねてみる。ロッキーがそう感じていることを映画を観ている客は想像するのは容易く、またこのシリーズが長編であればあるほどその感慨の深さも増してくるもので。
恐らく私がロッキーシリーズを1つも見ておらず、本作だけ観たとしてもこれほどの想いは沸いてこなかっただろう。

実際のシルベスタ・スタローンの年齢は現在69歳。
もちろん、往年の名スターも衰えがあるわけで。それをロッキーにも投影し、そしてその背中にはどことなく哀愁も感じられるようになっている。

作品を通じて感じられる時間の流れを噛みしめながら、『ロッキー』で青春時代を過ごしてきた人たちはこの作品で何を思うだろうか。
是非、『ロッキー』シリーズをビデオテープが擦り切れるほど鑑賞し、熱く燃えたことがある人には是非ともこの冬休みでこの作品を鑑賞してほしいです。

・・・というわけで、今年最後の作品にて★20!満点をつけるほどお勧めです!(※ただし、『ロッキー』ファンに限る)


・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★★★★★★ (20)
・公式サイト


※今季★20:『セッション』、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『ラブ&ピース』、『バクマン。』、『探検隊の栄光』、『クリード チャンプを継ぐ男』



【関連作品】









キン肉マンII世 [DVD]キン肉マンII世 [DVD]
アニメ

東映ビデオ 2011-12-07
売り上げランキング : 154108

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『クリード チャンプを継ぐ男』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる