起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『傷物語〈T鉄血篇〉』を観てきました。

<<   作成日時 : 2016/01/15 09:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

『化物語』も『偽物語』もタイトル名以外登場人物等全く知らない僕がいきなりこの映画を見てきました。




画像

あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:人気作家・西尾維新の小説でテレビアニメ化もされている「物語」シリーズから、「化物語」の前日譚(たん)にあたる作品を3部作で描く劇場版第1弾。主人公の高校生・阿良々木暦と、伝説の吸血鬼であり「怪異の王」と呼ばれるキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードとの出会いを活写する。総監督に新房昭之、監督に尾石達也、アニメーション制作にシャフトなど、テレビアニメシリーズのスタッフが集結。キャラクターの声は神谷浩史、坂本真綾などが担当する。ファン待望のシリーズ原点のアニメ化に期待が高まる。

ストーリー:終業式が行われた3月25日。高校2年生の阿良々木暦は、同級生で成績優秀な羽川翼から、吸血鬼が町にいるという話を聞く。その夜、暦は地下鉄のホームで、手足がなく血まみれの姿で、助けを求める女を発見。その女は、羽川が言ったように金髪で美しく、冷たい目をしており……。


では、そんな私がなんでこの映画を見てきたのか。

・・・決算などの仕事でちょい帰りが遅くなり、日本橋TOHOで本当は見る予定だった『人生の約束』の上映の18:20までには間に合いませんでした・・・。
そこでせっかくTOHOまで足を運んだし1100円で見られる日だし何かみるかーと思って未見の映画を探したところ本作がありました。
予告などで気にはなってましたが、上映時間が64分ということでTOHOのマイルもあんまり貯まらないしスルーしてたんですけどね。逆に考えれば、とっとと見てとっとと帰れる作品でもあるわけで。
仕事が忙しい私にはコンビニエンスな映画だったのでその場で取り急ぎチケ購入して見てきました。

『化物語』ってアニメの前の話であると知ったのは、家に帰ってシネマトゥデイを見た後です(笑)
あのアニメって「恋愛サーキュレーション」って曲はよくニコ厨が歌ってたりとかで知ってたのですが、いかにもな萌えアニメっぽさそうでそれだけではあんまり見る気しなくて見てませんでした。だからキャラとか作品とか全く知らないです。

そんなお前がなんでこの映画見るんだよ!と言われるかもしれないが、私はそういう奴です。はい。
あれだろ?スターウォーズで言えば「Iに当たるファントムメナス」みたいなポジションでしょ?」
今後興味がわいてきたらここからシリーズもの追っかけてみればいいじゃない!!


ってことで、予知識なんもなく見てきました。

まああれですね、ちょっと見た感じだとこじらせた映画っていうか(笑)
ポイントポイントに英語だったり、カタカナだったりで文字が挿入され、まるでサブリミナルのように頭にその文字が叩き込まれる。
『エヴァ』でもよくありましたが、あれをもっと頻度をあげたようなもの。
ノワール(NOIR)とよく出てきましたが、確か映画などの意味もあったと思うし、俗にいうフィルムノワールであれば「フィルム・ノワール (film noir) は、虚無的・悲観的・退廃的な指向性を持つ犯罪映画 」(wiki調べ)ということもある。

確かにこの作品は変わってて、メインキャスト以外エキストラ程度の人も登場しない。
だから、どこからどこまでが現実の世界なのか、地下鉄に主人公の阿良々木暦くんが迷い込むあたりも架空の世界に迷い込んだのか?それとも直江津にはそれくらいしか人が住んでいないのか?とか(苦笑)
敢えてそういうものを画にしないようにしてたのか?(阿良々木暦くんらも他の人物が見えないことに触れないので)
『化物語』などのシリーズもこんなシュールな作りなんでしょうかね?最初は違和感ありまくりでありましたが、話が進むにつれて馴染んできてこの描き方が面白く思えるようにもなってきました。

でも、その割には学校の前で恐らくヒロインになるのかな?羽川翼ちゃんというかわいいメガネっこのくっそエロいパンツが風でめくれてそれを頭に叩き込むやりとりからお近づきになるというね。

こういうところアニメだねぇ〜。実にアニメだ。
羽川翼ちゃんはそれとも痴女なのか?と疑うような出会い方です。
もちろん既存のシリーズがあってこその作品なので、ファンの人はこの出逢い方に感動とかしたのだろうか?
全く知らない私には「ねーよw」としか言葉がでなかったですが・・・。

その御パンツが目にやきついて、一発抜くために夜中にAVを借りに(買いに?)行った時に導かれるように地下鉄で殺されていた吸血鬼の美女に自分の生き血をくれてやって救ったところから本格的にお話が始まります。

上映時間も短いし、あとはあまり詳しくは書きませんが、命を救ってあげたら自分が吸血鬼になったり、助けた美女がロリっこになったり、自分たちを狙う存在がいたりなどなど・・・。


とりあえず1作目は紹介VTRみたいなもんでしょうか。
羽川翼ちゃんもそのパンツのやり取り以後出てきませんしね。


感想としてはまあまあ面白かったです。
これなら2作目も夏に公開らしいですが観てみたいですね。
そして、機会があればこのシリーズも観てみたいです。(機会があれば)

なんだかんだいって、最初に抵抗あったこの世界観みたいのが最後には気に入ったのかもしれませんね。

まあ、予備知識の全くない人が見た素直な感想でしした。




・評価:★★★★★★★★★★
     ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
・公式サイト


【関連作品】







インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [Blu-ray]インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [Blu-ray]
デイヴィッド・ゲフィン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
売り上げランキング : 13100

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『傷物語〈T鉄血篇〉』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる