起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『シーズンズ 2万年の地球旅行』を観てきました。

<<   作成日時 : 2016/01/20 13:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ネイチャージモン




画像

<2016.1.19 イオンシネマ市川妙典 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『オーシャンズ』のジャック・ペランとジャック・クルーゾが監督を務め、2万年前からの地球の変遷を捉えたネイチャードキュメンタリー。最新の撮影機材やテクノロジーを用い、学者らスペシャリストの意見を仰いで、動物の歴史をひもといていく。モウコノウマの格闘やヨーロッパオオカミの狩りなど生息数が少ない動物の生態や、鹿の出産といった貴重な場面を映し出す、鮮明で臨場感あふれる映像に魅了される。

ストーリー:2万年前、地球では数多くの種類の生命が躍動していた。ロバとシマウマ以外で現存する唯一の野生馬モウコノウマや、激減したヨーロッパオオカミなどの生態に迫るとともに、鹿の出産や母鳥の子育てなど動物たちの繊細で豊かな姿を捉える。最新技術を駆使した、さまざまな手法で動物たちの暮らしを活写していく。


これってドキュメンタリーじゃなかったんですね。。。

かなりドキュメンタリー風に作られてはいる。作風からもそう捉えても仕方がないところもある。
しかし、CGもしくは動物に演技指導を入れてるところがあるのは明らかなのだ。

ラストに「本作では動物に危害を加えていません」と出てくるところがその証拠だろう。


途中で人間の野生児が出てきて遭遇するところ。
狼とその子が対峙するシーンなどもあるし、動物同士の捕食するために追いかけるシーンなどは撮影用のレールを敷いてカメラを動かし、動物のチェイスシーンを撮影し、加工でも掛けない限りまず無理だろうと思った。
舗装されている道路ならともかく、森の中の道。手持ちのカメラで追うのは無理だし、仮に可能だとしても木々に視界を遮られてしまうだろう。百歩譲ってそれらがクリアできるポジションがあったとしてもそこの箇所で迫力のあるチェイスシーンが展開されることなんて確率からいうとほぼ無理。

それとも、撮影のために木々を切って演出したとでもいうのだろうか?(苦笑)

なぜ(苦笑)と書いたのかと言うと、人間が出てきたあたりから環境問題への説教に内容がシフトしていきます。
人間が木々を伐採して〜などの話になっていくと人間との絡みも多くなってきます。
そして、動物が絡むシーンが多くなればなるほど人間の手が加わった映像なんだろうなと思うわけです。
狼と少女が出会うシーンであったり、馬車にハリネズミが轢かれるシーンなどなど。

それでもって、ラストには「本作では動物に危害を加えていません」と出てるわけじゃないですか。
動物が弓矢で撃たれるシーンなんてのもありますし、それでも危害を加えてないというのなら何らかの方法で人間の手が加わった映像であることは確実なんですよ。

それならHPにもネイチャードキュメンタリーと書いてありますが、ドキュメンタリー”風”と書かなきゃいけないんじゃないでしょうか。

いやいや、もしかしたら弓矢で動物撃っても馬車で動物轢いても動物は元気ですよ!って意味なんでしょうか?

もしかして。


あと、ナレーションは木村文乃 / 笑福亭鶴瓶の2名で行われておりました。
木村さんのはともかく、釣瓶さんのナレーションはあのキャラのまんま関西弁丸出しでのナレーションでした。
別に関西弁がどうこういうのではなく、そういうノリでないのであれば標準語でのナレーションでなければならないような気もしますが・・・。



ということで、もちろん95%以上は人間の手が加わっていない映像なんでしょうけれどもちょっと残念に思うところもある”ドキュメンタリー(HP記載)”でした。





・評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (3)
・公式サイト


【関連作品】







生命と地球の歴史 (岩波新書)生命と地球の歴史 (岩波新書)
丸山 茂徳 磯崎 行雄

岩波書店 1998-01-20
売り上げランキング : 194517

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『シーズンズ 2万年の地球旅行』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる