起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アーロと少年』を観てきました。

<<   作成日時 : 2016/03/27 09:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ディズニーアニメなのに主人公たちがHIGHになりラリってる描写があります。




画像

<2016.3.14 TOHOシネマズ日本橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:数々の名作を世に送り出してきたディズニー/ピクサーが、恐竜と少年の出会いを軸に壮大なスケールで描くアニメーション。絶滅せずに生き残った恐竜たちが高度な文明を築いた地球を舞台に、恐竜と人間の子供を待ち受ける大冒険を描く。監督を務めるのは、『モンスターズ・ユニバーシティ』などでボイスキャストを務めてきたピーター・ソーン。まるで別世界の地球で、外見も性格も対照的な彼らが織り成すドラマが感動を呼ぶ。

ストーリー:3きょうだいの中でも体が小さな末っ子アーロは、甘えん坊で臆病な性格のため、常にみんなにからかわれていた。アーロは体が大きい兄や姉たちに少なからず劣等感を抱いていたが、両親の深い愛情に包まれてすくすくと育っていく。だが、ある日、アーロは川の急流にのまれ、たった一人で見覚えのない場所にたどり着き……。



簡素に。

通常は人間が主役で動物を〜という前後関係がありますが、この作品は恐竜が主人公でそのあとに人間の野生児がついてくるという話で設定がなかなか面白かった。

出会いから敵対関係、そして友情が芽生えるあたりはピクサーの王道。

動物に置き換えるとラストのシーンなどもあるあるネタになるが、立ち位置を変えるだけでこういう作品も作れるのねと感心。

ただ、幻覚効果を見る木の実を食べ、ハイになってへらへらとした姿になるところだけは・・・アメリカだと、もしくは韓国だと(監督は韓国移民のアメリカ人)いいのかな?
日本人の感覚だと気になってしまって・・・(苦笑)



・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★☆☆☆☆☆☆☆ (13)
・公式サイト


【関連作品】






マジック・マッシュルーム完全栽培マニュアル―究極の合法ドラッグを誰でも手軽に失敗なく栽培するための完全マニュアルマジック・マッシュルーム完全栽培マニュアル―究極の合法ドラッグを誰でも手軽に失敗なく栽培するための完全マニュアル
真矢 一成

データハウス 1998-04
売り上げランキング : 124647

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『アーロと少年』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる