起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『マジカル・ガール』を観てきました。

<<   作成日時 : 2016/04/25 08:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

映画感想サボり気味




画像

<2016.3.28 ヒューマントラストシネマ有楽町 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:第62回サンセバスチャン国際映画祭作品賞と監督賞を受賞したしたドラマ。白血病に侵されたまな娘の望みをかなえようとする父親の奔走が、思わぬ事態を引き起こすさまをブラックユーモアたっぷりに映し出す。メガホンを取るのは、短編を中心に活躍してきた新鋭カルロス・ベルムト。『バスルーム 裸の2日間』などのホセ・サクリスタン、『フリア よみがえり少女』のバルバラ・レニーらが出演する。予想不可能な展開や、鮮烈なビジュアルの数々にも魅了される。

ストーリー:失業中であるうえに、娘のアリシアが白血病で余命いくばくもないという過酷な状況に置かれているルイス。ある日、彼は日本製アニメ「魔法少女ユキコ」の大ファンである娘が、キャラクターのコスチュームを着て踊りたいと願っているのを知る。父親としてアリシアの望みをかなえるべく、高価なコスチュームを手に入れようと奔走するルイス。しかし、そんな彼の決意と行動が、元教師ダミアン(ホセ・サクリスタン)と心に闇を抱えている女性バルバラを巻き込み、悲愴な事件を招くことになる。


日本の少女アニメにはまったスペイン人女の子にまつわる話ってのは知っておりましたが、予備知識をあまり持たずに映画鑑賞に臨むだけにまさかこんな展開になるとは思わなかった・・・(苦笑)

ていうか、魔法少女アニメは事件の発端になるアイテムにすぎず、仮にメッシの着用サイン付ユニフォームであったり、ビートルズの幻の音源デモテープであったり・・・要するに高価なレアアイテムであればお話は成立するところ・・・・・・・・・かと、思うじゃないですか。

直接、この魔法少女アニメに関わる部分ではないんですがこのアニメで言えば「ユキコたんは俺の嫁!!!」とか言っちゃうような処女信仰のあるような日本のアニオタなどにありそうな部分で、その底の部分で浸透していることを考えると、やっぱり架空アニメであれ、日本で流行ってるオタ向けアニメである必要があったのかななんて思います。

そんな異質でマニアックな物を手に入れたいがために無茶をしてしまうのがアリシアの父のルイス。
でも、鑑賞後1ヶ月くらい経ってしまったので曖昧な記憶だが確か日本円で90万だったかな?コスプレ衣装が。

お金がないルイスは無茶やって(その無茶の内容は書きません)お金を作って衣装を娘にあげたのだけれどどうも微妙な顔。。。
すると、衣装だけではなく魔法のステッキも欲しかったのだと察し、更にルイスは無茶を・・・。

という流れです。

愛する娘が命短かったら無茶やってしまうのかな?
もちろん無茶がなかったら映画にはならないのだけれど、浅い考えの暴走って表現が近いような行動で同情も何もできないところがまた異質なフィルム・ノワール的な作品であると言えてしまう不思議な違和感(笑)

思いつきで重ねる犯罪行為に「どうなってしまう?」と魅入らされてしまうのだけれど、まあこれまた粗い終わらせかただこと!それもまたイイんだけどね。
だから、面白いと言うと語弊が生まれるかもしれませんが、興味深い演出が繰り返されるので最後まで楽しくみることができると思います。

ただ、マジカルガールは作品中に軸になっているわけではないので、そっち方面で期待しすぎちゃうと外すかもしれないのでそこだけご注意。







・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★★★★★★ (20)
・公式サイト


【関連作品】







劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]

アニプレックス 2013-07-24
売り上げランキング : 1758

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本作かなり興味があります。
予告だけ観ると日本のアニメの
エッセンスも入っているのですね。
でも満点と書かれると観たいのですが
山形の鶴岡まちキネ・イオン三川とも
上映未定なのでぐっと待つのみです…。
ぱたた
2016/04/27 10:34
いえ、思ったよりは日本アニメの影響はあまり無さそうな感じです。
ただ敢えて深読みしてみると、本文中にもあるようなところもあるのかなと感じられます。
一言で言えばフィルム・ノワールものです。
犯罪に犯罪を重ねていき、行き場をどんどん無くしていくような・・・。

面白い作品には違いないので機会があれば是非!
かつを
2016/04/28 08:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
『マジカル・ガール』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる