起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『フィフス・ウェイブ』を観てきました。

<<   作成日時 : 2016/05/13 08:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大風呂敷広げ過ぎて畳めなくなった典型




画像

<2016.4.23 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:リック・ヤンシーのヒット小説を実写化したSFミステリー。知的生命体の襲撃で荒廃した地球で、一人の少女が離れ離れになった弟を捜し出そうとする。監督は、『アリス・クリードの失踪』などのJ・ブレイクソン。『キック・アス』シリーズなどのクロエ・グレース・モレッツがヒロインにふんし、『ジュラシック・ワールド』などのニック・ロビンソン、『完全なるチェックメイト』などのリーヴ・シュレイバーが共演。地球侵略の描写に加え、人間の内側に侵入した知的生命体たちとの心理戦にも手に汗握る。

ストーリー:人知を超えた知能を誇る生命体アザーズが、地球を4度にわたって攻撃し世界人口の99パーセントが死滅。そんな荒廃した世界で、女子高生キャシー(クロエ・グレース・モレッツ)は離れ離れになった弟の行方を追っていた。アザーズが人間の内部に侵入できるために他人を一切信用できないという状況下で、彼女は一人の男性と出くわす。彼をアザーズではないかと疑いながらも惹(ひ)かれるキャシー。弟が連れ去られた可能性のある基地に二人で向かうが、アザーズによる第5の攻撃が始まろうとしていた。



簡単に。

恐らくよくあるアメリカンのキッズ向け映画なのでしょう。

で、スケールもデカくていいんですけれど最後は解決しないまま終わるし、エンドロールで退出してしまったがエンドロール後に続編に繋がる映像みたいのもあるわけないと聞いたし。

あと、なんつってもエイリアンの姿があまり拝めなかった。
つか、人間に化けたエイリアンの姿はいっぱいあったけど、本当の姿のエイリアンの姿あったっけかな・・・あったとしてもあんまり印象にない程度でこういうSF映画にそれは致命的かなーと。

まあ、面白くなかったです。






評価:★★★★★☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (5)
・公式サイト


【関連作品】







「ヒドゥン&「ヒドゥン2」ツインパック [DVD]「ヒドゥン&「ヒドゥン2」ツインパック [DVD]

ギャガ・コミュニケーションズ 2008-06-06
売り上げランキング : 154238

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『フィフス・ウェイブ』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる