起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『殿、利息でござる』を観てきました。

<<   作成日時 : 2016/05/25 15:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

怒涛の手抜きラッシュ




画像

<2016.5.16 イオンシネマ市川妙典 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『武士の家計簿』の原作者・磯田道史による「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を、『予告犯』などの中村義洋監督が映画化。江戸時代中期の仙台藩吉岡宿が舞台の実話で、年貢の取り立てや労役で疲弊した宿場町を救うため、藩に金を貸して毎年の利息を地域の住民に配る「宿場救済計画」に尽力する人々の姿を描く。町の行く末を案じる主人公を、時代劇初主演の阿部サダヲが演じるほか、瑛太、妻夫木聡という実力派が出演している。

ストーリー:江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)と同志たちは、藩に金を貸し付け毎年の利息を住民に配る「宿場救済計画」を考えつく。町の存続を図るため、前代未聞の金貸し事業を成功させるべく、彼らは私財を投げ打ち……。






※最近多忙につき手抜き。
すみません。







評価:★★★★★★★★★★
     ★★★☆☆☆☆☆☆☆ (13)
・公式サイト


【関連作品】








Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.03 ~フィギュアスケート・氷上の宝石~ 特集:羽生結弦スペシャルインタビュー(KAZIムック)Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.03 ~フィギュアスケート・氷上の宝石~ 特集:羽生結弦スペシャルインタビュー(KAZIムック)

舵社 2016-05-30
売り上げランキング : 26

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本作の大半が私が住む鶴岡市の
「スタジオセディック庄内オープンセット」で撮影され、
鶴岡まちなかキネマの4館全てで阿部サダオ、中村義洋監督が
舞台挨拶しました。しかも平日昼間で全て満席!
しかし、当の私はまだ未見… 後日必ず観ます。
現在「勇者ヨシヒコ・3」撮影で一行が鶴岡に出没中です。
ぱたた
2016/05/26 09:22
それは大盛況ですね!
4館全て独占ってのもすごいです!

ヨシヒコ、BOXでまた借りてみようかなと思ったのですが人気作で貸出中・・・。
3作目放送前に復習しないと
かつを
2016/05/27 08:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
『殿、利息でござる』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる