起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『海よりもまだ深く』を観てきました。

<<   作成日時 : 2016/06/09 08:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

地味なそのへんにありそうな風景




画像

<2016.5.26 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『海街diary』などの是枝裕和監督が、『奇跡』以来の阿部寛と樹木希林とのタッグで、なかなか大人になれない男の姿を描く感動のホームドラマ。小説家になる夢を諦め切れないまま探偵事務所で働く男が、たまたま実家に集まった母、元妻、息子と台風の一夜を過ごすさまを映す。阿部と樹木のほか真木よう子や小林聡美、リリー・フランキーらが共演。思っていた未来とは少し違う現実を生きる家族の姿が印象的につづられる。

ストーリー:15年前に1度だけ文学賞を受賞したことのある良多(阿部寛)は、「小説のための取材」と理由を付けて探偵事務所で働いている。良多は離婚した元妻の響子(真木よう子)への思いを捨てきれず、響子に新しく恋人ができたことにぼうぜんとしていた。良多、響子、息子の真悟(吉澤太陽)は、良多の母・淑子(樹木希林)の家に偶然集まったある日、台風の一夜を皆で過ごすことになり……。




簡単に。


特に何か激しい起伏がある映画ではない。

ただ、凄く良い。どこかに普通にありそうなその映像が、会話がどこか親近感を生み出して良い心地がする作品でした。


何が良いって、アドリブかと(アドリブなのかもしれないけれど)ちょっとの間を埋める何気ない登場人物たちの会話です。
例えば阿部を迎えにいった池松と外にそのまま出たシーンで昨夜雨が降って地面が濡れてる話をしたり木樹と阿部の母子の何気ない会話だったり。


だからこそ、ここの登場人物の誰かに自分をシンクロさせて作品に没頭させることができるんじゃないだろうかと思うわけです。


地味です。大変地味な作品ですが、それだから良いんです。

そんな作品です。






・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★☆☆☆☆☆ (15)
・公式サイト


【関連作品】







台風一家 [DVD]台風一家 [DVD]

2015-07-31
売り上げランキング : 115924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『海よりもまだ深く』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる