起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アンフレンデッド』を観てきました。

<<   作成日時 : 2016/08/08 09:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

おばけとチャット




画像

<2016.7.30 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『パラノーマル・アクティビティ』シリーズなどのヒットメーカー、ジェイソン・ブラムが製作を手掛け、全編PCに表示されたSNSの画面だけで展開する新感覚ホラー。仲良しグループが、ネットいじめで自殺した少女の怨念に襲われる恐怖を描く。メガホンを取るのは、『エターナル −奇蹟の出会い−』などのレヴァン・ガブリアーゼ。さまざまなSNSサービスが普及して便利な反面、時に人を傷つける凶器にもなり得てしまう現代のネット社会を背景にしたストーリーにゾッとする。

ストーリー:ある動画がネット上に公開されたことが原因で、ローラ・バーンズは自ら命を絶ってしまう。1年後、彼女の幼なじみと友人たちがSkypeで雑談していると、見知らぬアカウントが死んだローラとして話しかけてくる。やがてローラの死に隠されたうそがオンラインで暴露され、一つ明かされるたび、彼らのうちの1人が亡くなり……。


なかなか興味深かったのでTCクーポンの300円引きを利用し、1500円で見てきたけど・・・。
公開日初日だったのに客が5人くらいしかいなかった。

まあ、くっそマイナーな映画だししゃあないか。

にしても、つまんない映画だったなあ。

今ではネットを使う人の交流ツールとして当たり前になっているSNSを利用したホラー映画になってる。
よっぱらって寝グソを漏らした女の子の様子を撮影しLiveLeakに投稿し、それが原因で自殺した女の子の怨念が自分を晒し者にした仲間たちへの復讐に走るというお話。

youtubeなら削除もしてくれるだろうけど、よりによってLiveLeakとかな・・・そりゃ自殺するよ。

基本的にパソコンの画面上のスカイプでの仲間のやりとりだったり、チャットだったりが中心で展開していく話なんですが・・・

なんていっても、この幽霊・・・話しすぎ。話というか、チャットではあってもこれほど頻繁に主人公らと会話しちゃったらいかんだろ・・・怖くないじゃん。

あとは、誰誰が誰とやっただの、裏切られただの幽霊に促されるまんま、そんな痴話喧嘩レベルの暴露合戦になっていくだけ。

で、呪われた者は急にミキサーに手をつっこんで死んだり、急に何かに襲われて死んだりとかそんなんです。

恐らく予算は低いんだろうけれど、それらしくパソコンの画面しか映さない作品にしたのだろうけれど、その割にはSNSというネットではだだっ広い世界を舞台にした作品なわけで。
なんかそういうところではこじんまりとしてる印象。

死者のメッセージを伝える映画、ドラマなんかはホラーでも幾らでもありますがそういうところはまだまだJホラーの方が秀逸。見せ方も含めてね。


まあでもSNSでのホラーにチャレンジしたところだけは評価してもいいかもしれませんね






・評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆
     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (3)
・公式サイト


【関連作品】








ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2014-09-10
売り上げランキング : 28371

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そう言えば昨年は『デス・チャット』という映画も有りましたね。
でもイライジャ・ウッド主演の『ブラック・ハッカー』の方がまだマシかも。
本作はDVD化したらノートPC再生で観てみますね。
ぱたた
2016/08/08 09:55
『デス・チャット』ああ、あったような・・・(苦笑)
まあ気が向いたらでいいと思いますよー。
かつを
2016/08/10 08:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
『アンフレンデッド』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる