起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『君の名は。』を観てきました。

<<   作成日時 : 2016/09/01 09:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

異様なほどの客の入り。何があったの??????




画像

<2016.8.26 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『星を追う子ども』『言の葉の庭』などの新海誠が監督と脚本を務めたアニメーション。見知らぬ者同士であった田舎町で生活している少女と東京に住む少年が、奇妙な夢を通じて導かれていく姿を追う。キャラクターデザインに『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』シリーズなどの田中将賀、作画監督に『もののけ姫』などの安藤雅司、ボイスキャストに『バクマン。』などの神木隆之介、『舞妓はレディ』などの上白石萌音が名を連ねる。ファンタスティックでスケール感に満ちあふれた物語や、緻密で繊細なビジュアルにも圧倒される。

ストーリー:1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の風習などに鬱屈(うっくつ)していた。それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。夢では東京での生活を楽しみながらも、その不思議な感覚に困惑する三葉。一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。


新海誠監督の作品は『秒速5センチメートル』で初めて見まして・・・まあ、あれは私が青春期によく使っていた宇都宮線・・・主に小山駅あたりの風景がよくでていて、あのなんでもないような風景が凄く美しくアニメにされていて、話も切なくてよかったのですが感動したのを覚えてます。

だから見ることは決めていたのですが、この公開日の8/26。
この日からフリーパスを作ろうと考えていたのですが、会社の最寄りのTOHO日本橋でこの作品の販売状況を見るとほぼ満席という・・・。まあ、都心部の中の都心部である日本橋ではこういうこともよくある。
だから、船橋を見ると真ん中へんはそこそこ埋まっていたものの両サイドの席はガラガラ。

でも、上映時間は17:55〜ということで会社帰りに直行しても予告の最中に劇場入りするような状況。
その前にフリーパス作って〜などやってたら絶対に本編遅れる。
だから、フリーパス作成を9/3に延期し、8/26の朝に250ポイントくらい貯まってるポイントから6ポイント鑑賞の無料招待でぽちっと通路側のいつも好んで座る席を予約してから行くことに。

あんまりポイント使いたくなかったけど、前売り買ってなかったし。座席は押えておきたかったし、まあ250もあるから6ポイントくらいいいかwということで久しぶりに使ったのですが・・・これが大正解!

会社をあがる時刻間際に埋まり具合をネットで確認すると・・・400人くらい入るシアターは残り5席くらいを除いて全部埋まってるという!!!!


え?朝はあんなに席選べたのに?何があった???
コアなアニオタなどを集客する時によく使う「何か特典商法でもやってるのか?」・・・と、調べると何も配ってない。
実際、何ももらえなかったです。
「もしかして、たまたまこの回が舞台挨拶の中継とかある回だからこぞって急に売れたのか?」・・・と調べるとそのようなイベントはない。実際、何もなかったです。
「アニオタほいほいのような声優が出てる作品なのか?・・・と、調べるとどうだろう?あんまり声優詳しくないけど、主演は神木隆之介と『舞子はレディ』や『ちはやふる』などの日本的な可愛さのあるまだ15、16くらい?の若い女優の上白石萌音が主演声優であり、あんまりそういう気配はない・・・。


まあ、そこそこヒットはするのかな?とは思っていたがここまで埋まるのは想定外。
ほんとに何があったの?正直、新海監督の作品は秒速〜くらいしか見てないのですが、私が知らないだけで世間的にはもの凄い知名度があるってことなんでしょうか?


そんなわけで鑑賞です。

悪くはないけど・・・・・・・・。でも、特別良いってほどでもないような。
男女入れ替わりものはよくありますが、そこに時間軸も加わるのはなかなか面白い試みだとは思いました。

だからこそ、永遠に交わらない2人。
切なさを描くことなら手腕に長けている新海監督ならこの設定ならお手の物のはず・・・・なんでしょうけれど、なーんかシックリしない。

先ほども書いたように永遠に交わらない2人のはずなのに、その設定を、無理な設定を捻じ曲げてまで出会おうとしちゃうしってところでどうも共感できなかったのかもしれない。

ファンタジーはファンタジーであって、何でもありではいいんだけどその何でもありの中の世界でもルールや設定ってのはあって。なるべく、そこで収まるような物語であってほしかったかなという印象はあった。

でも、相変わらず画は綺麗だし、内容も全体的には悪くは無かったし。
楽しめることは楽しめたんですけれどもね。なんか惜しかったかなという印象でした。







・評価:★★★★★★★★★★
     ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)
・公式サイト


【関連作品】








君の名は DVD-BOX君の名は DVD-BOX
菊田一夫

松竹ホームビデオ 2004-08-25
売り上げランキング : 39526

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本作とシンゴジラが大ヒットした今夏、
54年も君の名はとゴジラが大ヒットだそうですね。
で本作、イオン三川も大混雑で特典付前売は即終了し、
パンフ、グッズ、一番くじも初日完売。急なブーム??
私は「ほしのこえ」から追い掛けてて、家族は
「言の葉の庭」から鑑賞。一作毎レベルが上がり
私の大好物のすれ違いの青春物なので後半から感涙。
昨年は「ここさけ」がアニメ映画ベスト1ですが、
本年は(今の所)本作がベスト1かもしれません…。
ぱたた
2016/09/01 10:00
やっぱり新海監督人気でいっぱいお客が来てるのかもしれませんね。
あと気になったところはRADWIMPSの曲が強調されていて、気になってしょうがなかったです。
ともかく、綺麗な画の映画っていいですよね。
かつを
2016/09/01 14:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
『君の名は。』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる