起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ゴーストバスターズ(2016)』を見てきました。

<<   作成日時 : 2016/09/08 08:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

飛び出す3Dが売りだけど、本来のスクリーンサイズの中に少し小さいスクリーンをおいてその外との差を生かした「飛び出す」の売りはちょっと無いような・・・




画像

<2016.9.4 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:1980年代に一世を風靡(ふうび)した人気コメディーシリーズの、装い新たな話題作。ニューヨークを舞台にした、女性ばかりの幽霊退治人たちの活躍を追い掛ける。『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』などのポール・フェイグが監督を務める。『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』に出演したクリステン・ウィグやメリッサ・マッカーシー、『テッド2』などのケイト・マッキノン、『マイティ・ソー』シリーズなどのクリス・ヘムズワースらが結集。

ストーリー:コロンビア大学の物理学者エリン(クリステン・ウィグ)は、旧友アビー(メリッサ・マッカーシー)が自分と共同発表した幽霊研究本を承諾もなく電子書籍化しているのを発見。憤慨して彼女の勤める大学向かうが、なぜか一緒に幽霊騒動の起きた屋敷を調査する羽目に。そこで初めて幽霊に遭遇したエリンは、アビーとその相棒ジリアン(ケイト・マッキノン)と共に喜ぶものの、それぞれ大学を解雇されてしまう。行き場をなくすも幽霊の存在を確信した三人は、超常現象の調査会社を立ち上げるが……。



2016TOHOシネマズフリーパス3本目鑑賞作品。

簡単に。
私がキッズの頃に大ヒットした『ゴーストバスターズ』のリメイクですけれど、なんだかんだで楽しめたよ。

まあオリジナルもこんなノリではあったと思うけど、ゴースト=幽霊 に対する恐れ、慄きみたいな雰囲気がもっとあると良かったですが、ただのモンスター、クリーチャー扱いなのは残念ですね。オリジナルもそうですが。







評価:★★★★★★★★★★
     ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
・公式サイト


【関連作品】







幽霊退治はじめました(キャラコミックス)幽霊退治はじめました(キャラコミックス)
砂河 深紅

徳間書店 2012-10-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ゴーストバスターズ(2016)』を見てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる