起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『何者』を観てきました。

<<   作成日時 : 2016/11/04 13:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

SNSいくつやってますか?




画像

<2016.10.20 TOHOシネマズららぽーと船橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:『桐島、部活やめるってよ』の原作者である朝井リョウの直木賞受賞作を、演劇ユニット「ポツドール」を主宰する『愛の渦』などの三浦大輔が映画化。就職活動対策のため集まった5人の大学生が、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする本音や自意識によって彼らの関係性が変わっていくさまを描く。就職活動を通じて自分が何者かを模索する学生たちには佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生といった面々がそろい、リアルな就活バトルを繰り広げる。

ストーリー:就職活動の情報交換のため集まった大学生の拓人(佐藤健)、光太郎(菅田将暉)、瑞月(有村架純)、理香(二階堂ふみ)、隆良(岡田将生)。海外ボランティアの経験や業界の人脈などさまざまな手段を用いて、就活に臨んでいた。自分が何者かを模索する彼らはそれぞれの思いや悩みをSNSで発信するが、いつしか互いに嫌悪感や苛立ちを覚えるようになる。そしてついに内定を決めた人物が出てくると、抑えられていた嫉妬や本音が噴きだし……。


私が就職活動をやっていたのは約20年前くらい。
パソコンはデスクトップが主流で、正直大学時代はパソコンの使い方がわからずに某PC周辺機器メーカーに就職決まった後には、このままじゃいけない!と。宇都宮駅の近くにあるパソコンスクールに3ヶ月くらい使い方を学習するために通ったりしましたっけ。


その頃はバブルも終わって数年くらいでやっぱり新卒が就職先を見つけるのはなかなか難しかったですが、今はその頃よりも難しくなってるんでしょう・・・ただ、私たちの頃と違って人数も少ないから競争率もそのまま減ってるから変わらないのかな?よくわからんけど。

で。この映画『何者』は今の時代の新卒の人たちが戦う就職活動の模様を映画化されているわけです。

今の時代SNSを多大に活用しているんですね。
で、就職先の人もツイッター、フェイスブックを観れるように公開しているという。

私にはその感覚がわからない・・・。ツイッターはやってるけど、会社の人には明かしてないし、フェイスブックは柏レイソルのイベントのためにとりあえず作ったまま放置。大学時代の友達の本間さんから登録し合おうぜーと名前検索されて連絡きたけど、「あんまFBログインしないけど、それでもよければ」と素直に言ったら、「んじゃいいや。」と冷たく言われてから、面倒くさくなって最初がSNS通じて知り合った人とはいいけど、リアルな場に名刺代わりにとSNSを持ってきたかねえなとより一層感じたわけですよ。

だからこそ、就職活動のアピの一環でSNSを公開しているような現在の状況が信じられなく。
だからこそ、よく身元バレに簡単に繋がるようなアカウントのツイッターで言わなきゃいいことを書いてバカッターと呼ばれるような騒動が起こったりするんですね。


就職活動という共通の目的を持った若い男女が1つの部屋に集まって情報交換や励ましあったりするのですけれど、裏の顔というのはなかなかわかりづらかったりするわけで。

ネタバレにもなるからあまり言えないけれど、先ほど書いたようによせばいいようなことをSNSに書くもんだから・・・。
ただ、流れから言うと書くことで吐きたい。愚痴りたいってところがあるのだろうとは思いますし、それはそれで現代的っていうかね。

私は世代が違うので現代の若者たちがどのような就職活動をやっているのかというのは、知ることができて興味深かったのですが、そして見た直後は面白かったなーと素直に思ったので★を低くすることはない。
ですが、「じゃあ、何が残った?」と自分に確認すると「なんもねえなw」と(苦笑)。

愛の渦』と同じ監督らしいですが、あの映画もそうですが数人のコミュニティ、集団の群像劇みたいなものを描くことを評価されているようです。
『愛の渦』もその手の描写を評価されているようです・・・が、この映画(『何者』)もそうですがそこまでじゃないような?というのが個人的な感想です。

ネタバレになるので詳しくは防ぎますがあるシーンで登場人物のある人の虚をある人が衝くという攻撃を仕掛ける場所があるのですが、クライマックスでそのシーンはあってももう少しそこからの展開を観たかったかなと。
『愛の渦』なんかもそうですが、もうちょっと何かあってもいいようなところでアッサリしすぎているのが物足りないっていうかね。

まあ、この作品について原作は未読ですが原作がそうなら仕方ないですけど・・・。








・評価:★★★★★★★★★★
     ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
・公式サイト 


【関連作品】







こう動く!就職活動オールガイド〈’18年版〉こう動く!就職活動オールガイド〈’18年版〉
高嶌 悠人

成美堂出版 2016-05-10
売り上げランキング : 83996

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
後味悪かったです・・・・
今の就活の日常風景なのでしょうが ついていけないですね(笑)
答えのない日常の風景?心に刺さるものはありました・・・・・・
カズ
2016/11/22 20:34
まず、特定されるような状況で私生活をさらけ出すところが・・ねえ・・・。
私もこのようなブログはやっておりますが、仕事のことやプライベート面は趣味以外のことはあんまり書かないようにしてますもん・・・。怖いしw
かつを
2016/11/24 09:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
『何者』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる