起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト』

<<   作成日時 : 2016/12/16 08:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトルには 『〜withレジェンドライダー』まで続きますが、掲載可能文字数上、略




画像

<2016.12.10 イオンシネマ市川妙典 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:「仮面ライダーエグゼイド」と「仮面ライダーゴースト」ほか計5人のライダーが、人類を脅かす敵とバトルを繰り広げる特撮アクション。人類を危機に陥れるゲームウイルス生命体「パックマン」をめぐるエグゼイドとゴーストの危機に、ドライブ、鎧武、ウィザードが参戦し、ライダーたちがタッグを組んで戦いに挑むさまを描く。ライダーたちが並び立つ圧倒的なビジュアルや、劇場版ならではのド派手なアクションに注目。

ストーリー:正体不明のゲームウイルス生命体「パックマン」の感染が拡大し、人類は危機的状況に陥る。そんな中、仮面ライダーゴーストこと天空寺タケル(西銘駿)が感染。一方、研修医でもある仮面ライダーエグゼイドこと宝生永夢(飯島寛騎)は、敵の正体と感染源を突き止める。しかし、その真実はエグゼイドの運命を左右するものだった。



ライダーシリーズは大好きなのでキッズたちに遠慮しながらも行くのですが、今回劇場にいっぱいキッズがいると思ったらモンスターストライクの劇場版公開日で、なんでもアイテム?ステージ?そのゲームやってないのでわかりませんが、映画を観なくても劇場に来るだけでそれらがもらえるとかでキッズで溢れかえってました。
ただ、ライダー映画は17時台という遅めの時間だったからか少な目でした。ちょっと安心しました。

で、今回のライダー映画は平成ライダー14代目のウィザードかあr18代目のエグゼイドまでがオリジナルキャスト(※ただし、鎧武の佐野岳を除く)が出てくるということで是非見たかったのです。
特に、ウィザードのハルトとドライブのシンノスケが出てくるのが嬉しい。
(ハルトの白石隼也もシンノスケの竹内涼真も期待の若手で出演作品も増えてきている中での出演だから嬉しい。
鎧武の佐野岳はスケジュールが合わなかったのか、キャスト出演はなく声は過去の録音分か、似てる人を当てたのかわかりませんがクレジットには名前ありませんでした。)


そして、シンノスケに関しては霧子と結婚したその後もところどころに垣間見えるところも嬉しい。

もちろんメインはエグゼイドと9月に終わったゴーストのキャストがメインではあるのですが、仮面ライダードライブが好きな人は見ても損はないと思うのですよ。

こんなちょっと前の時代を振り返れるライダー映画ではありましたが、敵のキャストにはアメトークで2回のライダー芸人の回に出演してそのハンパないライダー愛を見せつけてくれたプロレスラーの棚橋や太極拳の使い手で可愛い顔している山本千尋ちゃんも出演していて彼らが出ていれば期待できるのはそう、アクション面。

そしてアクションといえば坂本監督で、その阪本監督らしくアクション色の強い娯楽作を見ることができました。

まあ、内容については毎度毎度同じような展開であるので深くは触れませんが、やっぱり冬の大戦映画はこれからもこのように過去のオリジナルキャストを集めて作って行ってほしいですね。






・評価:★★★★★★★★★★
     ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
・公式サイト


【関連作品】










PAC-MAN パクパクぬいぐるみ パックマンPAC-MAN パクパクぬいぐるみ パックマン

バンダイ 2014-09-14
売り上げランキング : 42853

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト』 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる