起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『新宿スワンII』を観てきました。

<<   作成日時 : 2017/01/27 08:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

山本Pの映画は好きだし、園監督は大好きだが園監督らしさが前作同様に皆無




画像

<2017.1.23 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:新宿・歌舞伎町を舞台にした和久井健のコミックを、『ヒミズ』などの園子温が監督し、『日本で一番悪い奴ら』などの綾野剛主演で実写化した『新宿スワン』の続編。水商売や風俗、AVなどに女性を送り込むスカウト会社に属する主人公が、勢力拡大をもくろみ殴り込みをかけた横浜を牛耳る最強の敵と衝突し、全面戦争を繰り広げる。綾野や伊勢谷友介らが続投するほか、新たに浅野忠信や広瀬アリス、椎名桔平らが出演。豪華キャストの競演とアクションが見どころ。

ストーリー:スカウト会社の新宿バーストが横浜に勢力を広げることになり、エース格となった白鳥龍彦(綾野剛)がその命を受ける。だが、横浜には横浜ウィザードのタキ(浅野忠信)が君臨。警察やヤクザともコネクションのあるタキの工作により、新宿バーストはピンチを迎えてしまう。龍彦は、歌舞伎町を守るために立ち上がり……。



山本Pの映画って感じですね。前作同様今回も。

山本Px三池監督の『クローズZERO』の雰囲気を山本Px園監督『新宿スワン』に持ち込んだという感じです。
アクション監督や脚本が前作とは変わったのかな?だいぶ、単純に視覚で楽しめるような演出が多くて楽しかったです。

ただ、新宿バーストと横浜ウィザードというホストスカウト軍団の縄張り争いみたいな話ですが、ウィザードの連中に龍彦は暴力を何度も受けてボロッボロにされるのにその張本人である中野裕太演じるハネマンらとの喧嘩はホステスコンテストの勝敗だけで終わってしまうのはどうなのよと。
ウィザードの親玉、浅野忠信演じる滝を殴ったからいいだろうというのはちょっと消化不良かなあ。いや、滝にもフルボッコにされたことはされたけれども。。。

あと、ヒロインのまゆみ役の広瀬すずが存在感が薄い。薄すぎる。
それにまゆみの方から龍彦へアプローチをかけてスカウトしてもらったのに、まゆみが龍彦をターゲットにしていた理由も明かされてないし。歌舞伎町も最近よくあのあたり行くだけにこのロケ地はあまり再現がされてないような気もするし・・・。


とはいえ、このアウトロー感満載な娯楽作は大好きです。雰囲気がね。
『クローズZERO』シリーズ大好きなだけに好きですよ。

園監督らしさゼロでもね(笑)

続編もできるのかもしれませんが、次も園監督でいくのか?それとも山本Pが他の監督に頼むのか?
もう山本Pが監督やってもいいようにも思いますが・・・まあ、楽しみに待ちます!




・評価:★★★★★★★★★★
     ★★★★★☆☆☆☆☆ (15)
・公式サイト


【関連作品】










アイドル野外生中出し。スカウトマンから苦情で大もめ! [DVD]アイドル野外生中出し。スカウトマンから苦情で大もめ! [DVD]

TND 2015-08-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『新宿スワンII』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる