起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『咲 ―Saki―』を観てきました。

<<   作成日時 : 2017/02/15 08:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

麻雀の知識は一切ありません。




画像

<2017.2.6 TOHOシネマズ日本橋 にて鑑賞>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:麻雀に打ち込む女子高生たちの姿を描く小林立による青春スポ根漫画を実写映画化。プラスマイナスゼロで終局する能力を持つ主人公・宮永咲ら清澄高校麻雀部のメンバーが、全国大会出場を目指して強敵たちに挑む。メガホンを取るのは、『童貞放浪記』などの小沼雄一。『君の膵臓をたべたい』などの浜辺美波が主演を務めるほか、『14の夜』などの浅川梨奈、グラビアアイドルの武田玲奈や星名美津紀、テレビドラマ「デスノート」などの佐野ひなこ、『GANTZ』シリーズなどの夏菜らが出演している。

ストーリー:清澄高校、龍門渕高校、風越女子高校、鶴賀学園が全国大会出場を目指し激突する全国高校麻雀大会・長野県予選の決勝戦。1年生大将の宮永咲(浜辺美波)、全国中学生麻雀大会覇者の原村和(浅川梨奈)ら清澄高校の麻雀部員は、さまざまな思いを胸に決戦の場に向かう。全国大会出場を目指して意気込む彼女たちの前に、驚異的な才能を持つ強敵が立ちはだかり……。



麻雀を知らないのになんで見たの?とかいう話ですが、amazonのプライム会員でプライムビデオでこの「咲」がドラマ版全話放送されていたんですね。5話までの短いドラマ版ですが。
それを見たのでその後が気になって見てきたわけです。はい。

ドラマでは大会に出る直前で終わっているので映画版は見事にその続きということになるわけです。

安っぽい作りではあるものの、あるところが面白い。
その面白いのは主人公たちだけにスポットを当てるのではなく、他の映画などではモブ扱いだけで終わりそうな女の子のキャラたちにも出来るだけ焦点を当てて、存在感をできるだけ万遍なく浮き出せている点でしょうか

だから、主人公たちが勝つのは映画、作品だからほぼ予想できるもののその勝ち抜くまでに各チームがどういう背景があるのかがこの短い映画の尺の中で可能な限り描かれているのは面白いと思います。


まだ、大会も続きがあるのですが続編は作られるのでしょうか。
この後も気になるので出来れば作ってもらえたら麻雀を全く解らない私ですが是非見に行きたいですね。



・評価:★★★★★★★★★★
     ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (11)
・公式サイト



【関連作品】








半自動麻雀卓一式ジャンクル半自動麻雀卓一式ジャンクル


売り上げランキング : 270678

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『咲 ―Saki―』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる