起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『愚行録』を観てきました。

<<   作成日時 : 2017/02/21 09:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

察しろ!




画像

<2017.2.18 TOHOシネマズ日本橋 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:「乱反射」「後悔と真実の色」などで知られる人気小説家、貫井徳郎の直木賞候補作を実写化したミステリー。未解決の一家殺人事件を取材する雑誌記者が、その思わぬ真相にたどり着く姿を追う。メガホンを取るのは、短編を中心に手掛けてきた石川慶。『悪人』で共演した妻夫木聡と満島ひかり、『十字架』などの小出恵介、『ランブリングハート』などの臼田あさ美らが顔をそろえる。羨望、嫉妬、駆け引きといった人間を深く見つめた物語に引き込まれる。

ストーリー:エリート会社員の夫・田向浩樹(小出恵介)、美しい妻・夏原友季恵(松本若菜)と娘の一家が、何者かに惨殺された。事件発生から1年、その真相を追う週刊誌記者の田中武志(妻夫木聡)は、一家の関係者を取材。浩樹の同僚・渡辺正人(眞島秀和)、友季恵の大学時代の同期・宮村淳子(臼田あさ美)、浩樹の大学時代の恋人・稲村恵美(市川由衣)らから語られる、一家の意外な素顔に驚く田中。そして、自身も妹の光子(満島ひかり)が育児放棄の容疑で逮捕されるという問題を抱えていた。



正直なところ、ネタバレを伏せて書くと何がなんだかわからないところもあるし、伝え切れてないようなところもあるとは思いますが、それを承知で可能な限りのところで書かせてもらいますと、


主人公の田中は1年前の一家惨殺事件を追っかける記者で、その真相を追って殺害された一家の夫や嫁の人柄を探るために人物関係を洗っていくんです。

そうしていくうちにある一つのことが判明して、偶然にしては出来過ぎだろ(苦笑)と最初は思ったんです。

ちょっとだけ書きますと、この映画には2つの大きな事件がキーになるのですが、その惨殺事件と育児放棄で逮捕された田中の妹の事件が結びついたところが出来過ぎて・・・ああ、残念だな。と最初は思ったんですが、ある人物が実は・・・・ということがわかり、ある人物が実は・・・・を知っていたということを察することが出来ると先ほどの残念な気持ちが一気に吹き飛んでその2つの事件を結びつけた偶然は必然であることがわかるとジワジワと後からこの映画の面白さがこみあげてくるという異例な感想を持つことができました。

もしかしたら、先ほど書いたように私も最初そう思ったように「偶然」だらけの普通のクソ邦画じゃん。と
思われそうなところもあると思うのですが、そう思うのも仕方ありません。
各所の重要なポイントについて劇中で明言はされていないんですね。ただ、明らかに言葉では表現されていなくてもそこまでの展開、演出で十分察することが出来ると言う。


不親切といえば不親切かもしれない。
ただ、その分内心から霧が晴れていくような具合で真相がわかってくるので、気が付くことが出来ればきっと心にも強く残すことができるという意味ではその演出の賭けは成功したのかもしれない。

詳しく書けないところが辛いが、是非みなさんにも「気が付いて」欲しいですね。





・評価:
★★★★★★★★★★
★★★★★★★★☆☆ (18)
・公式サイト


【関連作品】









美しき奇形児 : 杉戸光史怪談シリーズ (ひばりコミックス)美しき奇形児 : 杉戸光史怪談シリーズ (ひばりコミックス)
杉戸 光史

ひばり書房
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『愚行録』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる