起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−』を観てきました。

<<   作成日時 : 2017/02/24 08:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

いかにもオタオタしいアニメ映画ではありますが、予告で面白そうだったので足を運びました。シリーズ全く未見なのにね・・・




画像

<2017.2.21 TOHOシネマズ錦糸町 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:高い人気を誇る川原礫の小説で、テレビアニメ化などメディアミックス展開も好調なシリーズを、川原自ら書き下ろしの新作ストーリーで映画化したアニメーション。AR(拡張現実)型情報端末オーグマーが普及した近未来で、専用ロールプレイングゲーム「オーディナル・スケール」に仕組まれた陰謀をめぐりキリトたちが戦う姿を描く。テレビシリーズでも監督を務めた伊藤智彦が本作も担当。世界観を継承しつつ新たに繰り広げられるストーリー、ガジェットなどに注目。

ストーリー:デバイス「ナーヴギア」が、仮想現実の世界に無限の可能性をもたらしてから4年が経過。AR(拡張現実)型情報端末オーグマーが普及し、専用ARMMO RPG「オーディナル・スケール」が世間を席巻していた。アスナやキリトもゲームに参戦するが、オーディナル・スケールに異変が起こり始め……。



見出しのところにも書きましたが、このアニメは全くの未見です。
アニメも小説も読んだことありません。てっきり、どうせ去年末のモンスターストライクのようにソシャゲのアニメ映画化なんかでしょ。程度にしか思ってませんでした

簡単に調べるとラノベ原作でゲームを題材にした小説、アニメらしいとのこと。

まあ、そんな感じでこのSAO(と略すらしい)の世界観もなにも知らないけれど劇場で見てきたのは予告が面白そうだったから。あとは「映画」だからです。


そんなわけで最近、足を運ぶ回数も多くなってきたTOHO錦糸町でこの作品を見てきました。

最初に既存のシリーズのダイジェストがあり、主人公の男女がどういう経緯でラブラブな関係になったかというのをざっくりと伝えてくれます。
まあ、既存シリーズの続編的ポジションなのでしょうがないですね。ただ、どこかでこのダイジェストの内容知ってるような気がして・・・ただのデジャヴ?もし、どこかで見ていたらどこで見ていたのだろうか・・・。

まあ、それはともかくこの世界で既存の存在であったソード・アート・オンライン(SAO)というゲームの世界に入り込む形でそれまでの作品があったようなのですが、逆にリアルの世界にゲームの仮想世界を当てはめる「オーディナル・スケール」というゲームがSAOにとって代わってるという設定でありました・・・。

が、このオーディナル・スケール。
昨年夏に登場し、世界的に大ヒットした『ポケモンGO』と似てませんか?あれも、名所などがジムだったり、レアキャラが出たりなどで今まで何でもなかったようなところにスマホ片手にキッズだけではなく、おっさんやあるいは年寄りに至るまでいろんな人が集まってくるなんていう珍現象を生みだしておりますが、あれに非常に似ております!

映画なんてそう簡単に半年程度で作れるものじゃないから、この映画の公開とポケGOのヒットの関係なんか全然なく、ただの偶然なんでしょうけれど、少しはポケモンGO(今でもたまに遊びますが)で遊んだことがあるのでちょっとだけこの世界の設定に既視感を覚えるところも。

そして、レア情報を嗅ぎ付けて集まったプレイヤーの前に強敵だがポイントが高い、SAOの登場したモンスターが再登場し、ゲームに挑む人たちと戦う。

ここでランク2位にいけすかねえ青年プレイヤーが出たり、ゲームの世界に入るのと違い、リアルの世界にゲーム設定を持ち込んでいるだけに肉体的なダメージを受ける者等も出てくる。

だんだん、このレアステージが激しさを増して、いかにも怪しいその全国2位ランクプレイヤーが何かを仕掛けてるというのは察することができる。
また、ふと主人公の前に表れては消える謎のフード少女は何者か?


という、内容。
まずまず面白かったです。
SAOのことあんまり知らなくても。

ただ、展開がこうだろうな・・・という想像をするとその通りだったり、謎の少女もあの人に関係するんだろうなと思ったらそうだったり。
よくあるテンプレパターンなところと、ネタバレ防ぎながらも一部だけ言いますと、ラストのラストのラスボス的な存在の敵と戦うときに、シリーズに恐らく(私はSAOの過去シリーズ良く知らんので)ほぼオールスターの人たちが急に登場してきて、一丸となって戦う・・・。

これ、よく児童向けの特撮とかアニメとかにあるようなパターンなんですけれど、正直好きじゃないんですよね・・・。
豪華なくせに安っぽいみたいなところがあって。

それ以外はまあまあ楽しかったです。

エンドロールの後に続編もありそうな終わり方ではありますが、また機会があったらこの続編も出来るのであれば見てみたいですね。





・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
 
・公式サイト



【関連作品】








Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)& 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマートフォン壁紙 配信Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)& 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマートフォン壁紙 配信

任天堂 2016-09-16
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
映画化もされたので取合えず一期2話迄見ました。
掴みは何となく分かりましたが作画がまだ拙い。
2期含め相当長い話数で、劇場版だけにしようかなと…
ガルパンの時も劇場版だけでほぼ分かりましたしね。
ぱたた
2017/03/01 09:49
恐らく劇場版だけでも大丈夫かと思います。
主人公とヒロインのイチャコラも最初からの設定であると思えば、過去作品もそんなに気にならないかと思います。
かつを
2017/03/02 15:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
『劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる