起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『虐殺器官』を観てきました。

<<   作成日時 : 2017/02/10 08:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

寝ては無いけど内容あんま覚えてないような




画像

<2017.2.3 TOHOシネマズ錦糸町 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
チェック:2009年に34歳の若さでこの世を去った小説家・伊藤計劃の作品をアニメ化していく、「Project-Itoh」の第1作として放たれるSFアクション。内戦や虐殺を裏で操っているとされる謎の人物、ジョン・ポールを追い掛けるアメリカ軍の特殊部隊大尉クラヴィス・シェパードの姿を描く。監督には数多くのガンダム作品に携ってきた村瀬修功、キャラクター原案には「ビビッドレッド・オペレーション」などのredjuiceが集結。謎が謎を呼ぶストーリーもさることながら、緻密なビジュアルや迫力満点の見せ場にも圧倒される。

ストーリー:開発途上にある国々で頻発する紛争や虐殺の背後に存在する、ジョン・ポールという謎に包まれた男。アメリカ軍の特殊部隊大尉クラヴィス・シェパードは特殊暗殺部隊を率いて、彼の行方を追跡していく。


伊藤計劃ってひとのの作品をアニメ化するプロジェクトの第三弾。
なぜか約1年公開延期されての本公開だったみたいです。

伊藤計劃って人も良く知らないし、過去2作品見てたからなんとなくみてきたわけです。

この企画の過去2作『ハーモニー』、『屍者の帝国』よりは少しはまだ面白かったかなと。


そんだけ。


ちなみに特典はフィルム型のしおり?みたいなの。ちゃんとしたフィルムではないみたい。
あとで感想を書くルパン五右衛門の映画もそんな特典だったな。

ちゃんとしたフィルムの方がほしいが。





・評価:★★★★★★★★★★
★★★★☆☆☆☆☆☆ (14)
 
公式サイト



【関連作品】







(敵は虐殺された。) An Enemy Has Been Slain, プリント パーカー(敵は虐殺された。) An Enemy Has Been Slain, プリント パーカー


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『虐殺器官』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる