起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『たかが世界の終わり』を観てきました。

<<   作成日時 : 2017/03/08 09:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

\1,000で見れる割引券をもらって1年ほったらかしにしてたけど、期限間際になってようやく使って映画見た。




画像

<2017.2.27 ヒューマントラストシネマ有楽町 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
見どころ:『わたしはロランス』『Mommy/マミー』などで、若くしてずば抜けた才能を発揮してきたグザヴィエ・ドランが監督した家族の物語。ある決意を胸に久々に帰省した主人公と家族が再会するものの、お互いに距離がうまくつかめずぎくしゃくする様子を描写する。ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセルらフランスを代表する俳優たちが結集。絶望の中の希望の光が胸を打つ。

あらすじ:劇作家として成功したルイ(ギャスパー・ウリエル)は、家族に自分の死が近いことを伝えるために12年ぶりに里帰りする。母マルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好物をテーブルに並べ、幼少期に会ったきりの兄の顔が浮かばない妹シュザンヌ(レア・セドゥ)もソワソワして待っていた。さらに兄アントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)とその妻カトリーヌ(マリオン・コティヤール)も同席していて……。



死期が迫ってる主人公ルイが長い間音信不通にしていた家族の元に戻り、そのことを告げるために向かったのだけれど、母、兄、妹とルイと違ってみんながみんな五月蠅く自分のことばっかり話したり、すぐ癇癪起こしたりと騒音だらけのクソめんどくせー家族ばっかりで言いたいことも言えない。

ずるずるとなかなか言い出せないままでいる。
どうやら、兄の嫁(この中では普通な方)は知ってるようなシーンが後後あるのだが(ルイから告げたようなシーンはなかったようにも・・・。見落としたか?)、血のつながった家族には言い出せないまま・・・・という流れ。


ちょっとネタバレにもなるので、、少し以下空白を作ります。(*****で区切られた中は白色文字反転)
ネタバレが嫌な人は回避をお願いします。








*************************




結局、主人公のルイは、いきなりちょっと遅い昼食時にいきなり帰ると言いだし、アスペルガーみたいな症状のある兄が「よし、わかったとっとと帰れ」というとそんな兄を母や妹が責めたて、家族の間を後味悪くして帰って行くというオチでした。

結局、家族に自分の死が近いことは言いだせないというオチもありだとは思うのですが、では何故に兄・妹・母の間が余計に難しくなるように仕向けて終わるのか?また、妹や母には「次」もあるかのように伝えての帰る意味でのお別れ。
死ぬ雰囲気のあるまま帰るわけにはいかないのかもしれないが、家族は誰もそんなことも夢にも思ってないし、なんでこんな別れ方で帰る必要があったのか。

自分(ルイ)が憎まれ役になって、後々死の知らせを知っても悲しみを少しでも憎さと相殺させるというオチもあるとは思うのですが、兄にとってはルイはそうかもしれないけれど、妹や母にとっては憎しみの対象はすぐ癇癪を起す困ったひねくれモノの兄であり、ルイではない。

かといって、確かに兄はかなりめんどくさいキチガイ男ではあるものの、ルイにとって憎悪の対象にされてしまうのであれば可哀想。

ルイが自分の中で家族の関係がギクシャクしてしまうことで落ち着くというのであればしょうがないが、結局何をしたかったのかよくわからない。


・素直に伝えて自分の死を惜しんでもらう。

・もしくは、次もあることを示唆して(ここはそのようにして別れたが)普通にしてもらっていて、自分の死についてはそこでそれなりに感じてもらえればいい。

この2択しかないと思うのに、何故に余計面倒くさいことにするのか。3択にするなら先ほどもかいたけど、
・自分を憎悪の対象にしてもらい、後々知る死について少しでもショックを少なくしてほしい。

ってことをしいて言えばあげられるのかもしれないが、そうでもないわけで。

本当に何をしたいのかよくわからない。




*************************

そんな映画でした。







・評価:
★★★★★☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (5)
 
・公式サイト



【関連作品】







家族のためのアスペルガー症候群とのつきあい方―知っていればお互いラクになる (COSMIC MOOK)家族のためのアスペルガー症候群とのつきあい方―知っていればお互いラクになる (COSMIC MOOK)
野波 ツナ

コスミック出版 2015-10-22
売り上げランキング : 17562

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『たかが世界の終わり』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる