起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『素晴らしきかな、人生』を観てきました。

<<   作成日時 : 2017/03/09 16:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ただモクワリのためだけに新宿へ!!




画像

<2017.3.2 TOHOシネマズ新宿 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
見どころ:『プラダを着た悪魔』などのデヴィッド・フランケル監督が手掛けたヒューマンドラマ。愛する者を失い仕事も私生活も行き詰まった男が、クセのある舞台俳優たちとの交流を経て人生を見つめ直す。『幸せのちから』などのウィル・スミスを筆頭に、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレンら豪華俳優陣が出演。温かなストーリー、女優たちが身にまとう華麗なファッションの数々に注目。

あらすじ:広告代理店の代表として成功してきたハワード(ウィル・スミス)だったが、愛する人を失ったのを機に仕事も私生活もままならなくなってしまう。やがて会社の業績も悪化し、社員たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)も気が気ではない。そんな中、ハワードは舞台俳優たち(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン)との出会いによって、少しずつ変化していき……。



TOHO新宿では去年の3月から今年の3月2日まで毎週木曜日にマスターカードの人だけ1100円で映画を見れるサービスをやってまして。

で、私がマスターカードを作ったのは今年に入ってからで・・・。

1月に一本、その木曜割引「モクワリ」サービスを受けておりましたが、せっかくなのでもう1本恩恵を受けたいなと。
で、近くで上映していてもスケジュールが合わなかったこの作品を見に新宿まで行ってきました。

正直、見なきゃ見ないでもよかったようなくらいの興味しかなかったですが、サービス終了日にせっかくだからと見てきたわけです。


が、結果から言ってまあ別に見なくてもよかったかな、人生。と。

(役名ではなく、役者で書きますね)
ウィル・スミスはエドワード・ノートンと一緒に広告代理店を立ち上げて繁盛させるも、娘を幼くして亡くしてしまい心が上の空。
会社に出て来てもドミノ倒しで遊んでるだけでまともに仕事もしなければ、まともに社員の誰とも話もあまりしないという。

ウィルが取ってきた仕事も穴をあけてしまうことになったりし、会社の買収の話も進む。

・・・が、株の6割を保有するウィル・スミスからこの様子じゃ許可を得られそうもない。
誰とも口をほぼきかないのだから。

そこで、エドワード・ノートンやケイト・ウィンスレットらの社員は呆けてるウィルの責任能力を引き合いに出させて、公の場で買収成功に持っていこうと画策するというお話。


幾ら娘が亡くなったとはいえ、生活もある社員たちのことを考えもせずに落ち込むだけ落ち込んで会社で広いスペースを使ってドミノで遊んでるだけのウィル・スミスには背景を考えてもちっとも同情できないし、またウィルが精神的におかしくなってることをあからさまにしようとする同僚・社員たちの姿勢もどうかとも思う。


で、ウィルが気がふれてることに見せようとするときに劇団員を雇って接触させるんですけれども、ウィルが宛先なしの手紙をポストに投函してるのを犯罪覚悟でポストをあけて手紙を開封してしまうというイカレポンチっぷり。
(その手紙を切っ掛けに劇団員に配役を設定したりするんです)


ウィルはカウンセリングの女性といい感じになるんですが、実はその女性は・・・。
(だとすると不自然な会話もあったような・・・)
とか、
ウィルに接触する劇団員は実在?それとも、実在しない?とか・・・。
(探偵の映像は加工処理?本当はいなかった?)
とか、
この手のオチには後々考えると「やられた!」ということが多いのだけれど、振り返っても
「え?あれはどっちなん?」ってシーンが多々。


超豪華キャスティングを行うくらいの気合いの入れようだけれども、感動させようとする気持ちばかり先走って細部が雑というか、お粗末すぎて泣くに泣けないでしょう。これでは。



ちなみに有名な『素晴らしき哉、人生』は私は未見なので邦題でイメージを被らせるようなことはなかったものの、言被らせてしまう人も少なくないと思うので、邦題はちゃんと考えた方がいいと思いますよ。








・評価:
★★★★☆☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (4)
 
・公式サイト



【関連作品】













日本ドミノ協会公認 ドミノ牌120日本ドミノ協会公認 ドミノ牌120

ハナヤマ
売り上げランキング : 4103

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『素晴らしきかな、人生』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる