起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 負の残像(2017.J1第3節@柏:勝ち点3)

<<   作成日時 : 2017/03/13 09:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

川崎フロンターレ 2-1 柏レイソル


得点:(フ)谷口、中村 (レ)武富


画像


川崎戦のあと、宇都宮に直行で帰省してたので感想が今になってしまいました。

だから今更な感想文なんですが、、、うーん。中山くん、ここのとこ運が無いね。
前節は脚にかかってないのに、また万が一かかってたとしてもペナルティエリア外なのにアデミウソンにPKを取られたり。

今節はビルドアップミスで川崎の阿部にボールを拾われて失点してしまったり。

カウンターから抜け出した中村憲剛を後ろから倒したとして一発レッド。
まあ、私は柏サポなんで贔屓目になってしまいますが、距離もあったし、厳しかったかなと。まあ贔屓目ですね(笑)

あと、前半あまりにも川崎のファウルを取ってくれなさすぎでしたし(スタッツで直接FKは0)やりにくそうなところはあったにせよ、それを差し引いても柏は悪かった。

ガンバ戦でもDFライン付近ののビルドアップを果敢に狙われてボールを取られていたけれど、それに固執したのか川崎戦でも同じように後ろからのビルドアップを狙われてボールを奪われまくりで全然攻撃の形を作れなかった。
(でも、伊東のクロスで武富ヘッドで数少ないチャンスで決定機を作ってしまえたのには驚いたが)

ビルドアップに定評のある中山もミスが続き、、、いや、中山だけではなくみんな悪かった。
最終ラインがGK22歳(中村)、今月末に22になる中谷、20歳の中山、まあ輪湖の27歳は普通ではあるけれど、先発デビューの18歳の古賀と。
常に上手くいけば若いDF陣だしそれにこしたことはないが、常にそう上手くいくことばかりなわけではない。

そうした時にベテランの鎌田が・・・というところなのでしょうけれど、出場時にここのところいいパフォーマンスは出来ていない。
次節はその鎌田が出てくることが濃厚ではあるが、彼が不調だとすると次の候補の4番手は?となるとルーキーの橋口やこの日SBもできた同じくルーキーの古賀となる。

開幕前から柏サポだけではなく解説者、記者たちもみんな思ってることではあるが、やっぱりあまりにも選手層が薄い。
このような事態にどう対応していくのか。
また、中山が代表で抜ける時があった場合はどうやりくりしていくのか。

若手の成長を蔑にしろと言ってるわけではないが、チームは勝たなければ仕方ない。

その勝ちに近づけるくらいの選手層を寺坂さんや広川さんはちゃんと意識しているのだろうか。
サポはチームを信じろ!とよく人は言うが、私はそこでも常に物事を信じれるにはその信じられるだけの根拠が要ると思っている。
サポーターからも「2017柏レイソル意見交換会」で直接質問を投げかけられておりましたが、その時の回答の
強化担当(広川):
編成や人数でしたり、今のようなお話で皆さんは心配されていると思います。まず、今年の編成の中で私たちが大事にした考え方は、レイソルでしっかりと戦っていくという強い意志を持った選手である、ということです

この答えは弱いなあと思いますし、ほとんどのサッカー選手はみんな所属チームで戦うつもりでやってると思うのですが・・・。



とはいえ、時間は流れていく。立ち止まってもいられない。
次節、恐らく先発になるであろうベテランの鎌田にはその不安を払しょくするほどの活躍を願っています。










何よりも藍く。何よりも藍く。
the youth

EMIミュージック・ジャパン 2003-05-28
売り上げランキング : 410237

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
負の残像(2017.J1第3節@柏:勝ち点3) 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる