起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『夜は短し歩けよ乙女』を観てきました。

<<   作成日時 : 2017/04/26 08:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ロバート秋山はうまかった。




画像

<2017.4.8 TOHOシネマズ流山おおたかの森 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
見どころ:第20回山本周五郎賞、第4回本屋大賞第2位に輝いた森見登美彦の小説をアニメ映画化。京都の移りゆく四季を背景に、パッとしない大学生と彼が片思いする後輩の恋の行方を、個性的な仲間たちが起こす珍事件と共に描く。主人公の声を、テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などの星野源が担当。監督の湯浅政明をはじめ、脚本の上田誠、キャラクター原案の中村佑介ら、森見原作によるテレビアニメ「四畳半神話大系」のスタッフが再集結する。

あらすじ:クラブの後輩である“黒髪の乙女”に恋心を抱く“先輩”は、「なるべく彼女の目に留まる」略してナカメ作戦を実行する。春の先斗町に夏の古本市、秋の学園祭と彼女の姿を追い求めるが、季節はどんどん過ぎていくのに外堀を埋めるばかりで進展させられない。さらに彼は、仲間たちによる珍事件に巻き込まれ……。




少しだけ。

面白い人には面白いのかもしれないけれど、全く入ってこなかったかな。
原作は知らんが作品から漂う痛々しさだけ強くて。。。
もうちょっとセンパイと女の子の心の行き違いみたいなものが多い映画なのかなと思ったけれど、
あんまりそういう場面もなく。むしろ、センパイと女の子の周りにいる個性の強いキャラとの絡みばかりめだってたような印象。

とってつけたように最後の方は心通わすようにはなるのですけどね。


なんか退屈すぎたな。上映時間は短いのだけど。


立て続けにこの監督の新作が来月から公開らしいです。
誰もが「ポニョじゃね?」と思うような予告でしたが、主題歌が斉藤和義のうたうたいということもあり、たぶん見ると思います。






・評価:
★★★★★☆☆☆☆☆    
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (5)
 
・公式サイト



【関連作品】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『夜は短し歩けよ乙女』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる