起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『パトリオット・デイ』を観てきました。

<<   作成日時 : 2017/07/05 08:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

緊迫感がものすごい




画像

<2017.6.9 TOHOシネマズ六本木 にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
見どころ:2013年に発生した、ボストンマラソンを標的にした爆弾テロを題材にした実録サスペンス。世界を震撼(しんかん)させた同事件の解決に奔走した者たちの姿を追う。監督は、『バーニング・オーシャン』などのピーター・バーグ。『ディパーテッド』などのマーク・ウォールバーグ、『COP CAR/コップ・カー』などのケヴィン・ベーコン、『バートン・フィンク』などのジョン・グッドマンらが出演。事件当時の実際の映像も盛り込み、緊迫感をより際立たせている。

あらすじ:2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。




簡単に。

実話の映画ものです。
途中、犯人が逃走、犯人の逃走に利用されたアジア系の人が車から脱出するようなシーンがある。
映画なら、演出あるあるなんだろうなと思うところなんですが、ちゃんとした実話ですからね!

テロ犯発見からの逮捕までも時間短いですし、アメリカの凄さを改めて感じました。




・評価:
★★★★★★★★★★
★★★★★★★★☆☆ (18)
・公式サイト


【関連作品】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『パトリオット・デイ』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる