起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『昼顔』を観てきました。

<<   作成日時 : 2017/07/13 08:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

簡単に感想




画像

<2017.6.14 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ にて鑑賞。>
あらすじなどはシネマトゥデイより
見どころ:2014年に放映され人気を博したテレビドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち」の劇場版。それぞれ妻、夫がいる身でありながらも激しく惹(ひ)かれ合ってしまった男女が、一度は引き離されるものの再び禁断の愛に身を投じる。テレビ版に続いて、監督を西谷弘が担当し、上戸彩と斎藤工が主人公の二人を熱演。伊藤歩、平山浩行らが共演する。

あらすじ:夫がいる身でありながら妻のいる北野裕一郎(斎藤工)と惹(ひ)かれ合い、不倫関係に陥った笹本紗和(上戸彩)。その関係が公然のものとなり、彼女は北野と離れ夫とも別れることになった。それから3年後、彼女は海辺の町で杉崎尚人(平山浩行)が営むレストランで見習いとして働きながら暮らしていた。ある日、蛍に関する講演で紗和と北野は偶然の再会を果たす。まだ冷めていなかったお互いの気持ちを確かめ合う二人だったが、その前に北野の妻・乃里子(伊藤歩)が現れる。



簡単に。

ドラマの『昼顔』は見てなかったのですが、映画を見る前にちゃんとテレビシリーズを観てから映画も見たので内容もバッチリです。


ドラマのラストではサワちゃんと北野先生が弁護士交えて強引に別れさせられて、サワちゃん家庭は離婚。北野先生の方は元鞘で終わったのですが、それだけで終わらないってのがこの映画版です。

2人はまた映画よろしく出会い、それを北野先生の嫁ののり子に見つかって・・・となり、サワちゃんと北野先生は今度こそちゃんとむすばれるのか!


という内容です。想像通りですね。


まあ、それなりに面白かったのですがあのオチだけはいただけない。
なんで、ああいう終わらせ方にするかな・・・。強引にもほどがあるってもんです。


続編はもう無いだろうけれど、いや無いならこれでよかったのかな。とも今になると思います。




・評価:
★★★★★★★★★★    
★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (12)
 
・公式サイト



【関連作品】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『昼顔』を観てきました。 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる