起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 起妙的・2017年ワースト映画20選

<<   作成日時 : 2017/12/29 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということで、まずはワースト20から。





182本を映画館もしくは劇場にて、7本をDVD&TV(主にDVD)にて、合計【189本】を本年(17.1月〜12月)劇場公開作品を鑑賞しました。

*基本的には★6(6以下が20作品なければ8以下)個以下からがメインです。
*なんか敢えて低予算だとか、糞映画も覚悟してるようなものは選ぶこともあるけど、選ばないこともあります。
(なので『DOA/デッド・オア・アライブ』なんかは上位には選ばないこともある。)
*もちろん、個人的な評価です。だから、ただの好き・嫌いにおいてこういう総括の時にコメント欄で反論されても困るかも。このワースト評価に何か我慢ならないという人はトラックバックにてお願いしまーす。そのトラバに関しては承認の方向で行きますので。


どうか、怒らずに許していただける方だけ読んでくださいっ!お願いします(笑)


**********************************************

**********************************************
●ワースト20位
: 『たかが世界の終わり

画像

上映時間 99分
製作国 カナダ/フランス
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2017/02/11
ジャンル ドラマ
映倫 PG12

「ADHDとかアスペルガーとかどこか精神疾患のあるような家族の映画。そういう病を否定するわけではないんです。ただ、こういう感じでわめきたてて人を攻撃するようなことを言う登場人物が1人とかいうならともかく、こういうキャラばっかりの家族の映画って、疲れるし、不快です。なんで空気を読める人物だけが一番傷つかなければならないのかってことですよ。」





**********************************************
●ワースト19位
: 『君の膵臓をたべたい

画像

上映時間 115分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2017/07/28
ジャンル 青春/ロマンス
映倫 G

「ラストのあの展開、どうやら原作通りでああいう終わり方だからこそ命の大切さを〜ということを訴えてるらしいですが、ああいう何千万人かに1人いるかいないかみたいな、人生でああいうシーンに出会うことがあるかどうかみたいな終わらせ方ってのは無いですよ・・・。」





**********************************************
●ワースト18位
: 『鋼の錬金術師

画像

メディア 映画
上映時間 133分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2017/12/01
ジャンル アクション/ファンタジー/アドベンチャー
映倫 G

「下部の総評のところでも書いてますが、ハードルをかなり下げ過ぎたせいか、思ったよりは見ることが出来たと思いました。ただ、ビジュアルが全体的にショボイし、こってこての日本人らしい横文字のキャラはどうも薄っぺらく感じさせてしまう。進撃の巨人もそうだけど、外人が主役や登場人物ならちゃんと外人で撮影しようよ。」





**********************************************
●ワースト17位
: 『恋と嘘

画像

メディア 映画
上映時間 106分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2017/10/14
ジャンル ロマンス/青春/SF
映倫 G

「架空の未来のお話なのに、細かいところで設定の説明を行ってなさすぎる。なぜ主人公の女の子が16歳になった時にカップリング相手が花をもっていきなり登場できたのか・・・憶測でその設定は考えつくものの、こういう架空の設定だからこそ、そういう細部の説明はちゃんと行うべきだと思う。それを怠り各自の脳内補完に任せるようではだめな映画と言うしかない。」





**********************************************
●ワースト16位
: 『ゴッホ 最期の手紙

画像

メディア 映画 Anime
上映時間 96分
製作国 イギリス/ポーランド
公開情報 劇場公開(パルコ)
初公開年月 2017/11/03
ジャンル ドラマ/ミステリー/アート
映倫 G

「ゴッホの油絵の数々がアニメで動くのがすごいってところなんでしょうけれど、サスペンスの割には解決しないし、話は大したことないし。ただこの油絵アニメがすごいってことだけを楽しむ中身のない映画」





**********************************************
●ワースト15位
: 『ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜

画像

メディア 映画
上映時間 126分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2017/11/03
ジャンル ドラマ/ミステリー/料理・グルメ
映倫 G

「麒麟の舌をこの物語に直接活躍させるようなシーンってあったっけか?」





**********************************************
●ワースト14位
: 『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

画像

メディア 映画
上映時間 129分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ディズニー)
初公開年月 2017/07/01
ジャンル アドベンチャー/アクション/コメディ
映倫 G

「もういいだろ。このシリーズ。もう中身忘れたよ。次回作でたらまあ、一応は見ると思うけど。」





**********************************************
●ワースト13位
: 『こどもつかい

画像

メディア 映画
上映時間 111分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(松竹)
初公開年月 2017/06/17
ジャンル ホラー
映倫 G

「見るからにクソで中身もクソで。せめて、少しは怖がらせてくれや。」





**********************************************
●ワースト12位
: 『アサシンクリード

画像

メディア 映画
上映時間 115分
製作国 イギリス/フランス/アメリカ/香港
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2017/03/03
ジャンル アクション/アドベンチャー
映倫 G

「アクション映画なのにアクション少なく、ほとんど設定の説明ばっかやってるような映画。『恋と嘘』ほど設定の説明省けとは言わないけど、そればっかというのもね。しかもよりによってMX4Dで観ちゃったような・・・。たぶん。」





**********************************************
●ワースト11位
: 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

画像

メディア 映画 Anime
上映時間 90分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2017/08/18
ジャンル 青春/ロマンス/ファンタジー
映倫 G

「タイムリープの大安売り。選択を間違えたと思ったら、すぐタイムリープ。何かあるとすぐタイムリープ。全然時間の巻き戻しにありがたみもクソもない。」





**********************************************
●ワースト10位
: 『氷菓

画像

メディア 映画
上映時間 114分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(KADOKAWA)
初公開年月 2017/11/03
ジャンル ミステリー/学園/青春
映倫 G

「オチがほんとしょうもない。」





**********************************************
●ワースト9位
: 『エルネスト

画像

メディア 映画
上映時間 124分
製作国 日本/キューバ
公開情報 劇場公開(キノフィルムズ=木下グループ)
初公開年月 2017/10/06
ジャンル ドラマ/伝記/青春
映倫 G

「ゲバラの片腕として活躍した〜かのように宣伝されていたけど、実際はただのゲバラの軍の1人の日系人ってだけの話。大した活躍もしてないよ。」





**********************************************
●ワースト8位
: 『パワーレンジャー

画像

メディア 映画
上映時間 124分
製作国 アメリカ/カナダ
公開情報 劇場公開(東映)
初公開年月 2017/07/15
ジャンル アクション/ヒーロー/特撮
映倫 G

「肝心な変身するまでに1時間30分って・・・。特撮好きとしては許せないね。これは。」





**********************************************
●ワースト7位
: 『素晴らしきかな、人生

画像

メディア 映画
上映時間 97分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2017/02/25
ジャンル ドラマ
映倫 G

「同情できる背景はあっても仕事放置してドミノ立てするだけで、お金をもらえる社長。」





**********************************************
●ワースト6位
: 『ユリゴコロ

画像

メディア 映画
上映時間 128分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東映=日活)
初公開年月 2017/09/23
ジャンル ミステリー/サスペンス
映倫 PG12

「どんだけ偶然の出逢いがあるんだよw 1つだけでもどうよ?と思うのに事件の核心に関わる人々の出逢いがほぼ偶然ばかりってのも・・・ダメだろそれ。」





**********************************************
●ワースト5位
: 『メアリと魔女の花

画像

メディア 映画 Anime
上映時間 102分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2017/07/08
ジャンル ファンタジー
映倫 G

「余計な事しかしてないよね、メアリって。」





**********************************************
●ワースト4位
: 『フィフティ・シェイズ・ダーカー

画像

メディア 映画
上映時間 118分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2017/06/23
ジャンル ロマンス/ドラマ/エロティック
映倫 R18+

「エロいところだけはいいけど、登場人物みんなアホ」





**********************************************
●ワースト3位
: 『映画 山田孝之3D

画像

メディア 映画
上映時間 77分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝映像事業部)
初公開年月 2017/06/16
ジャンル ドラマ
映倫 G

「山田孝之の帰宅赤羽」「山田孝之のカンヌ映画祭」が大好きすぎるからかなり期待した。おなじスタッフの作品だしね。それらのドラマはフェイクドキュメンタリーみたいな作りで素人と、芸能人との絡みが味があって最高に面白かったのに、なんで1人のインタビュー形式だけの映画にしちゃったの?ドラマのような展開期待したのに台無しじゃん」





**********************************************
●ワースト2位
: 『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜

画像

メディア 映画
上映時間 95分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ライブ・ビューイング・ジャパン)
初公開年月 2017/09/16
ジャンル ドキュメンタリー/ドラマ/音楽
映倫 G

「桑田佳祐は大好きで要は桑田のルーツを探る映画にしたかったんだろうけど、桑田に限定しないで湘南と広げてしまって、そのルーツを探るドキュメンタリーも中途半端。というかどうでもよいような解釈、こじつけなどばかりで、でも桑田物語をやりたいから途中から神木くんなどをキャスティングして学園祭で盛り上げたエピソードの再現を行うものの、誰も興味のないドキュメンタリーにいきなり戻ったりするような雑すぎる編集。桑田ファンなので烏帽子岩でのライブにサザンか、桑田の楽曲をやってくれるのかと思えばビートルズのカバーという。来てる人は桑田ファンが大半だと思うのですが、大半が上映中寝てましたよ。。。」





**********************************************
●ワースト1位
: 『ザ・サークル

画像

メディア 映画
上映時間 110分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ギャガ)
初公開年月 2017/11/10
ジャンル サスペンス/SF
映倫 G

「トム・ハンクスとエマ・ワトソンの無駄遣い。登場人物みんなアホ。期待値が高かっただけにこのクソっぷりには残念としかいいようがない。」





**********************************************

20本に漏れたワースト候補作品
●『本能寺ホテル』
●『二度めの夏、二度と会えない君』
●『西遊記2〜妖怪の逆襲〜』


もうちょっとワースト候補はあるような・・・。

主に選んだものは、ある程度の予測みたいなものは映画を観る前に誰でも持つと思うのですが、その予測を大きく外れてクソだった。そんな作品が1〜3位に上げさせてもらいましたかね。

だから、『鋼の錬金術師』などは見るからに地雷臭い映画ではありましたが、その事前の悪い方向への予測があったので、思ったよりは悪くないなと。(ただ、ビジュアル的にあまりにもしょぼく、日本人感がダダ残りな作風でワースト20の中には入れました)
『フィフティ〜』みたいにクソ予測通りのクソってのもありますが、映画ってこういうのも楽しみの1つです。

よくクソ映画だと思われるものを映画を見もしないで叩く人っているじゃないですか。
私はそういうの大嫌いなんですよ。
「見る気がしない」止まりなら本当に観てないからそれでいいと思うのですが見てもいないのに断定で語るのは私は絶対しません。
『鋼の錬金術師』も地雷臭いけど、みんながクソ、クソ言って盛り上がってるところ自分も参加できないのが寂しいので、それだけの理由でお金出してみてきましたもの(笑)

まあ、そんなこんなでちゃんと見ております。ここの作品は。
TOHOシネマズなら鑑賞履歴が残るので見せることもできますよ!!
(イオンシネマやミニシアターなどは履歴出せないですが)

来年もワースト候補の作品も突っ込みながら、こういうところでネタに出来るありがたみを感じながら映画鑑賞に励んでいきたいと思います。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
起妙的・2017年ワースト映画20選 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる