起点は妙典(仮)

アクセスカウンタ

zoom RSS 上昇気流(2018.J2第12節@栃木:勝ち点18)

<<   作成日時 : 2018/05/07 09:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

栃木SC 3-1 京都サンガ


得点:(栃)西谷、服部、牛之濱 (サ)レンゾ・ロペス


画像



この感想文を書いているときにはこの次の13節のアウェイ愛媛戦を消化してるわけですが、その試合は1点リードしていましたが、ラストワンプレーで追いつかれて1−1で終えました。

そして、結果的にGWの3連戦を2勝1分で終えたわけですが、その真ん中の試合。
ホームの京都戦を見に行ってきました。

事前の天気予報では雨風強い予報があり、試合の時間帯にその予報であれば行かずにおこうかと思っていたのですが、試合前までに悪天候回避との予報に切り替わったので見に行ってきました。

この日対戦した京都は柏での名コーチっぷりが評判高かった布部さん。
でも、京都での監督っぷりは成績が出ず、叩かれることもしばしば。
そして降格圏内の21位に落ち込んでいる。

でも、メンツを見ても個人個人ではJ2昇格を狙えるメンバーがそろっているだけにわからない。

そして、キックオフ後。

しばらく、京都の攻撃を受け続けていましたが、右サイドのペチュニクのクロスをファーで折り返し、そこからのシュートを相手が当ててブロックしたこぼれ球のところを西谷がボレーで打ち込み開始早々先制点が生まれた。

その後も栃木が攻め込み、前半は1−0で折り返す。

そこで、ちょっと暑かったのでソフトドリンクを買いに行ったのですが、席に戻ってきた時にちょうどスローイン。
左サイドからのスローインを温井がロングスローを入れるとダイレクトで服部が頭で合わせてそれがゴールに流れ込み2−0!

栃木はつい、2週間前あたりの新潟戦でも右サイドの久富からのロングスローをダイレクトで服部が頭で流し込んだばかりなだけにこの試合の解説の黒崎さんも言ってましたが「わかってたと思うのですが」というところだと思いますが、そこを競り勝ち、決めた服部のゴールに素直にすごさを感じました。

いやー、いっぱいサッカーを生で見てますが、スローインを直接合わせてゴールなんてシーンはもしかしたら、個人的には生では初めて見たかも。(その新潟戦は生では見てないのでノーカンです)

その後、一点返されたものの、アディショナルタイムには牛之濱が相手のGKが来たところを浮かしてゴールに流し込み3−1でフィニッシュ!

こうして勝利したわけです。

冒頭にも書きましたが、この後昨日13節の愛媛戦を消化(1−1)し結果的に7位にまでランクアップしました。

あと1プレー凌げば6位だったので、もったいなかったとは思いますが、まあ仕方ないです。

しかし、よく開幕3試合で 0勝0分3敗 得点4 失点12の得失点差−8から
その後、10試合で5勝4分1敗 得点12 失点7まで回復できたものです。

セットプレーからの得点も多く、横山監督は元同僚の下平監督にでも教えてあげてほしいくらいです(苦笑)

3バックにし、現実を見据えたサッカーで勝ち点を重ねることができています。
あまりサッカーを見ない私の兄(栃木SCだけは見る兄です)でさえ「栃木SCは夏場に弱い」と言うくらい有名な夏にこれから向けて入っていくわけですし、そこでどうなるかわからないだけに今、取れる時に勝ち点を重ねていって、ぜひJ2残留をまずは勝ち取ってほしいですね!







空いっぱいに奏でる祈り空いっぱいに奏でる祈り
Aqua Timez

メガフォースコーポレーション 2005-08-24
売り上げランキング : 89530

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上昇気流(2018.J2第12節@栃木:勝ち点18) 起点は妙典(仮)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる